恋愛経験が少ない私が、サークル活動を通して初めての彼氏ができた

ゆずっこさん

ゆずっこさん
年代:30代
地域:兵庫県

恋愛経験が少なく、よく分からなかった

私は大学に入るまで女子高に通っていて、出会いがありませんでした。

中学時代は共学で好きな男子もいましたが、当時はまだ若すぎることもあり、奥手な私は彼氏という関係にまで発展させることができませんでした。

高校の頃は勉強に専念して大学受験に必死で、恋愛をする余裕もありませんでした。

クラスの中には中学時代からお付き合いしている彼氏がいる人、出会いを見つけている人もいましたが、高校時代にはそこまでほしいとは思わないままでした。

中学時代に好きだった彼とはたまに駅で出会って話すなどはあり、その時は恋をしているようなトキメキを感じていました。

その彼以上の人はまだいないなと思っていたのです。

大学に入って共学になり周りのカップルを見て

私が彼氏がほしいということを真剣に考え始めたのは、大学への入学がきっかけでした。

大学では女子ばかりではなく、共学のところに入り、男性と話をする機会も増えました。

高校の頃までは周りにカップルがいたりということをあまり目にすることなく過ごしていましたが、

大学に入学すると、カップルで校内を歩いている人を見たり、

デートに行く人を見たりして、恋愛を楽しんでいる人が身近にたくさんいるとわかりました。

また大学でできた友達は、1年生のうちに同じ学科の子と恋人関係になり、

その恋愛の話を聞いているうちにいいなと思い、彼氏がほしいな、恋愛をしたいなと思いました。

年齢も18歳になっていて、そろそろ彼氏がいないとまずいかなとも思いました。

サークル活動を通してできました

私に彼氏ができたのは2年生になってすぐのことでした。

1年生までには別のサークルで活動をしていたのですが、特に出会いにはつながりませんでした。

2年生の時に友達から誘われて当時できたばかりのサークルに入部して、活動を始めました。

そこに同じようにして入ってきたのが彼でした。

第一印象としてはあまり好みではなく、みんなの盛り上げ役のような感じで少しうるさいという印象も持っていました。

しかし彼の優しさ、たくましさを感じるようになって、好きという気持ちが出てきました。

結果として私の方からアプローチをして徐々に彼との距離を縮め、ある時意を決して告白をしました。

彼は私の気持ちを受け止めてくれて、お付き合いに至りました。

日々の生活がより楽しくなった

当時は初めての彼氏だったので、恋人がいるということがこんなにも楽しいんだなということを実感しました。

週末のデートはドキドキする時間でしたし、友達とではなく好きな彼氏と出かけるのは、また違った楽しさがあるとわかりました。

毎日連絡を取り合い、デートをしてという中で、私は内向的な性格だったのですが、少しづつ明るくなっていったように思います。

自分が誰かに大事にされている、家族以外の人にこんなにも思われているということが幸せに思いました。

そして生活としては、休日に家にいることが少なくなり、時間があれば外に出るようになりました。

おしゃれにもより気持ちが入り、メイク、服装など研究するようになってきました。

関連記事

【実話】高校2年生からの片思いがやっと実った時の話!

彼氏がいないからって悩まないで。思い描いていた彼との時間は勘違いだった。

【体験談】おしゃれをして出会いのない日常からの脱出を試みてみた

年上の方が素敵な恋愛ができる!と思い込んだ私にできた実際の彼とは。

寂しい気持ちで携帯いじってたら彼氏ができた?ウソのような体験談

恋をしてプライド高い自称高嶺の花の女から、甘えることができる女に変化した私。