思春期の恋の直感と幼心の複雑なストーリー

ゆーくんだいすきあさん

ゆーくんだいすきあさん
年代:30代
地域:愛知県

興味はあったけど

中学3年のときに男友達のお兄さんに出会いました。

たまたまその男友達の家に行く予定ができ、友達と二人でそのお宅に行きました。

すると男友達のお兄さんに見て一目惚れ?をしたんですが、まともに話した事もなくその時は恋愛マンガや恋愛映画で頭の中は興味深々でしたので、好きとかかっこいいとかではなく、ただただ恋愛の妄想に憧れて一人歩きしていました。

男友達のお兄さんは3つ上で、メールを何通かかわして話していて、年上なのでリードしてくれるし心地いいので、付き合ってみようか!と発展し、お花見デートの約束をしました。

しかしデート当日、桜を見に行ったものの恥ずかしくて顔をまともに見ていなかった私は、勇気をだして初めて男友達のお兄さんの顔をじっくりと見て…え、こんな人だったっけ…!?となりました。

が、また妄想の一人歩きで彼氏という響きに浸り気にならなかったのか、その日はおしゃべりして帰宅しました。

その2日後くらいに、受験勉強があるからやっぱり付き合えないと言われあっけなく振られました。

今思えば相手も好みの顔じゃなかったのかなと思います。

焦り

中学から高校の間はとにかく周りに彼氏彼女がどんどんできてきて、私自身も話についていけず焦っていたのかなぁと今となっては思います。

しかしながら、憧れるのは漫画や映画の世界でその当時憧れていたのは、姉が持っていた漫画の花より団子でした。

お金持ちのイケメン4人のうち1人がひょんな事から貧乏な家庭の女の子に本気になっていく…というお話です。

お金持ちやイケメンに言い寄られたいという願望も無きにしもあらずではありますが、何より家族以外の誰か大切にされて思って貰える事がすごく憧れていました。

それにプラスされて、漫画や映画特有の複数の人から取り合いになるなど夢のようなモテモテを味わってみたいとあり得ないですが、思っていました。

高校デビュー

高校に入るやいなや、クラス内で次々とカップルが誕生しました。

またそれに焦りましたが、私も目当ての人が同じクラスにいました。

私は一番前の席で高校生活スタートしたんですが、たまたま後ろに大親友が居て、その隣が目当ての彼でした。

クラスの会長に選ばれた彼をふと見たときに撃ち抜かれました。身長も高く、顔もとても好みでした。

しかし、きっかけが高い高いハードルで、どう近寄っていけばいいのか分からず、毎日後ろの大親友としゃべりながら、あわよくば何か落として拾ってくれて…などきっかけが無いか必死に探していました。

その目当ての彼は私の隣の席の男子と仲良かったので、結局何の感情を持ってない相手にはメールアドレスをすんなり聞くことができ、その男子に目当ての彼のメールアドレスを聞いて接点を得ることができました。

同じクラスって恥ずかしい

同じクラスかつ、席がすぐそこだったので付き合い始めはものすごく恥ずかしくてお弁当のご飯が喉を通らなくなりました。

食べてる姿をもし見られて嫌われたらどうしよう、もし歯に青のりがついてたら…と乙女心がヒートアップしてお昼ご飯は自宅に帰ってからむしゃむしゃと食べていました。

少し経ってくるとダイエットとかメイクとか、勉強して少しでも可愛く見て欲しいと努力し、メールに使う絵文字まで可愛いのを探したり作ったりしていました。

言ってしまえば2人だけの世界かのように周りなんて一切見えなくなり、これこそ恋は盲目という素晴らしい言葉が生まれたのだろうと納得しました。

更に時間が経つと、私の物のような欲が生まれてきて、少し他の女子生徒と話してるだけで嫉妬の嵐でした。

関連記事

男は自分を映す鏡!等身大の自分を好きになるのが近道

大切な時間を過ごした友達の彼が、私の彼氏になりました

恋ができた!セフレしかいなかった大学時代にバイト先の社員さんと。

自然のまま気がついたら当たり前のようにいた

【結婚できた】彼氏がいない生活から、素敵な彼氏と出会い幸せな毎日

人生二人目の彼氏ができて楽しく学生時代を終えた