ダラダラする生活とはさようなら。私生活に対する不満足を彼氏という存在で埋めよう。

ゆきんこさん

ゆきんこさん
年代:20代
地域:東京都

人見知りシングル

簡単にモテないというのが一番の理由ですが、モテない上に出不精なのでなかなか新しい人に出会うという機会がなかったのも大きな理由の一つだと思います。

新しい人に出会う機会がないとより社交的でなくなりますし、悪循環に陥っていました。

当時は休みの日は家でYouTubeをみるか、友達と飲みに行くかでしたね。

友達との飲みも内輪受けの会話ばかりで新しいコミュニティにはいるエネルギーがなかったです。

もちろんそんな生活が楽しかったからこそ、彼氏をつくろうという意識もなかったのですが。

知らない人と合コンしてプライドが傷つけられたり、疲れたり、お金使ったり、いろいろなデメリットばかり考えて気楽な1人生活を楽しんでました。

SNSによる人生へのプレッシャー

毎日ダラダラと1日を過ごす事は楽しかったのですが、インスタグラムやフェイスブックなど友人達が人生を活発にエンジョイしている写真や動画を見るうちにだんだんと焦り始めました。

私の人生これでいいのか、このまま惰性で生きてきていいのか。

SNSでその友達のリアルがみれるのかというとそうではないと思いますが、まぎれもなくその写真はその子の生活の一部であり彼女彼氏らがより楽しい生活を送るための努力も垣間見れるわけです。

努力してる人間と努力しないで生きている人間どっちがいい人生送れるでしょうか。

努力してる人間です。そこで私は思いました。

「よし、彼氏をつくる努力をしよう。」自分のダラダラした生活を彼氏で埋めようとしたわけです。

社交性爆発

知らない人の飲み会に積極的に行くようにし、また友達を引っ張って街コンに繰り出しました。

さらには巷で話題のライトなオシャレ出会い系アプリにも手を出し、ありとあらゆる手を使って新たな出会いを求めました。

同時進行で様々な男性と連絡を取り合い、どの人が自分に合っているのかを見極めました。

批評家のように不特定多数の男性と合っていると必然的に男性を分析するようになったり、少しひねくれた目でみてしまうことも多々ありました。

ですが、そういう目でみてはいけないと自分に言い聞かせその人の深いところを知るにはどうすればいいか試行錯誤してデートをしていました。

そして最終的には街コンで知り合った同年代の男性と付き合うという結果に落ち着きます。

人生のクオリティと彼氏

彼氏ができるとまず見た目のクオリティが格段にアップします。

ボサボサだった髪の毛も整えるようになり、メイクも下地からしっかりし、服も買い、脱毛もします。

もちろん彼氏側からすればその違いなどそこまで重要ではないのでしょうが、この自己満足が私をレベルアップさせました。

また、赤の他人である彼氏と深い関係性を築くためにコミュニケーションのスキルも上がります。

付き合って長い友人や家族との会話なんて気遣いもなにもありません。

ですが、彼氏とならどうやればより分かりあえるのか、どうすれば気持ちが伝わるのか自分で努力するようになるのです。

家族や友人は時間によって関係性が深まりましたが、彼氏とはそうはいきませんからね。

関連記事

紹介は絶好のチャンス!どう転がるかは自分次第。チャンスを作ることが大切!

両親の不仲から「一生彼氏なんかいらない」と思っていた私が恋をした。

【運命の出会い】彼氏が初めてできたお話

幸せ!彼(今の旦那)との出会いからお付き合いの思い出。

すごく幸せです!結婚したいと初めて思える人と出会えた恋愛。

デブだったせいで青春時代が酷い思い出!痩せて彼氏ができた体験