ずっと高校生まで彼がいなかったですが大学デビューできました。

ゆきこちゃん

ゆきこちゃん
年代:30代
地域:山梨県

彼がいなかった理由は、文武両道の学校だったため

高校生まではずっと文武両道の学校だったために、勉強に部活に励んでいました。

その理由もあって、私は彼氏を作るという選択肢は持っていませんでした。

なぜなら、部活と勉強でいっぱいいっぱいだったからです。

それから、部活動がとても厳しい吹奏楽部だったために、恋愛が禁止というような暗黙の了解があったために、出来ませんでした。

あとは、共学の学校だったのですが、なかなか男性と話す機会もなく、もともと口下手なので、あまり中の良い男性がいなかったのも理由になります。

なかなかそんな感じの雰囲気で学生生活を過ごしていたので彼氏がいなかったのだと思っています。

今思えば、とてもさみしい暮らしをしていたのだなと感じています。

彼が欲しいと思った理由は、高校を卒業して大学デビューしたかったから

私が彼氏が欲しいと思った理由は、厳しかった高校生活を無事卒業出来て、もう自由だと感じたからです。

なので行きたかった大学に受かった時点で、私の第一の目標は彼氏を作ることでした。

そのために色々なサークルを見て回りましたし、学生生活で絶対に彼氏を作ってやる!というような感じで意気込んでいたことを覚えています。

結構あの時には真剣になってほしいなと思っていて、今まで全く恋愛というものをしてきませんでしたから、どういうところに男性がいるのからリサーチしていました。

それから友人と一緒に話をするときにも話題になると思って彼を作ろうと思いました。

彼を見つけたところはバイト先です

私が彼氏を探したところ、というか見つけたところは、学生時代に働いていた塾です。

熟の先生というのは大学生が多いのでですが、その時に働いていた所の塾で飲み会があって、その時の飲み会で私は男性にアプローチをして見事OKしてもらえました。

なので、その時から彼氏が見つかってお付き合いを始めるようになりました。

結構告白をするというのはとても勇気のいることだなと感じましたが、やっぱり告白をしておいて良かったなと後から思って感じています。
なぜなら、学生生活がとても充実していたからです。

その人の為に毎日を過ごそうと思えますし、毎日生き生きとすることが出来ていたように思いますよ。

毎日テンションが上がっていて、ブルーな日というのがなかったです

私は彼氏が出来たら周りが見えなくなるような人の様で、もうとにかく毎日がとてもハッピーでハッピーで嬉しかったです。

もう彼のことしか頭にない、というような感じですね。

結構これって誰でもあるかと思いますが、私の場合は特にそれが顕著に出ていました。

そのため、毎日今日の献立はどうしようかな、とか、彼が喜んでくれるプレゼントはないかな、とかいろいろなことを彼目線で考えていました。

自分のことよりも彼のことを優先した、というような感じです。

これはお付き合いをしている間はずっとそうでした。

その方が自分もうれしかったし彼も喜んでくれていたので、お互いに良かったのだと思います。

関連記事

素敵な出会いは自分から、出会ったら思いやりと歩み寄り

社会人になって1年後に結婚!過ごす時間が長いほど相手との距離が近づく。

初恋の人と偶然の再会!後ろ向きだった自分にピリオドを

好きな人と1日1日を大切に!恋愛に消極的だった私が前向きになれた東日本大震災

仕事も恋愛も全力で!恋愛をしていると仕事も頑張れる

長期間の片思いから。実は両想いだった恋の話