素敵な出会いは自分から、出会ったら思いやりと歩み寄り

ゆかぁちゃん

ゆかぁちゃん
年代:30代
地域:神奈川県

付き合えないけど恋人のような曖昧な関係の人を想い続けて

なかなか彼女にはしてくれないけど、どこかでいつか付き合えるかもと考えていたので、その相手との関係を切ってまで、次の出会いを求めることがなかなかできませんでした。

好きだけど恋人にはなれないし、相手の都合がいい時に呼び出される、長時間待たされることがあっても、合わせていた自分がいました。

こんな関係は自分が不利で何もいいことはないと頭ではわかっていても、心が相手に依存していたのかもしれません。

友達からもそれは本当の恋じゃないよと言われつつも、誰もいなくなるという不安から他の人との出会いを避けていました。

この関係がどうなるんだろうという恐怖と不安でいっぱいの毎日を送っていました。

都合のいい女は彼女にはなれない

曖昧な関係に未来などないと気付いたからです。

最後の方に相手にはもう1人曖昧な関係相手がいたことがわかったのです。

その相手からどちらが彼女にふさわしいか見極めているようなことを聞かされました。

その瞬間何かに目覚めるように、もうこの人とは2度と会わない、連絡しないと心に決めました。

都合のいい女は彼女にはなれないと強く思ったからです。

そして20代半ばを過ぎていたので、こんなところでモヤモヤしている場合ではない、本当に大事にしたいと思える相手、自分のことも考えてくれる相手に出会いたいと周りに話し、出会いの場に出かけて行ったのです。

次こそは一緒にいて楽しくて、思いやれる相手と出会いたいと思いました。

出会いはいろいろなところにある

登録なしの20代がメインの婚活パーティーに参加したり、合コンを開いたり、参加したり、趣味や習い事の場でも自分から話しかけたりしていました。

最終的には信頼できる友達が知り合いとバーベキューをする機会を作ってくれ、その中にいた第一印象から優しそうで素敵な笑顔の方と出会いました。

出会った時に、この人と一緒にいられる気がすると思ったのです。

買い出しやバーベキューの時に一緒になることが多く、たくさん話せて楽しい時間を過ごせました。

帰り際に連絡先の交換をして、家に帰るとすぐに向こうから連絡がありました。

そして2人で食事をしようとお誘いがありました。

何度か2人で遊んだ後、告白されて付き合うことになりました。

一緒にいる時間が楽しくて幸せで、穏やかになれる相手だったのでとても嬉しかったです。

幸せが続く中で相手を思いやることが大事だと常に心のどこかに

相手の嬉しいことや幸せになること、悲しい時にどう接したらいいのかを考えてくれる方で、そういったものが自分には欠けていたのでたくさん学ぶことができました。

離れていても一緒にいても幸せな毎日を過ごしていました。

その後、その方と結婚して今も幸せな日々が続いています。

毎日過ごす中で気持ちのすれ違いや、衝突もありますが、どんな時でもお互いを思いやる気持ちや歩み寄る姿勢は大事だと思います。

どちらかが優位になることはなく、感謝を忘れずに過ごせていることに幸せを感じています。

性格も似ているところもあるのか、近くにいるだけで気持ちが落ち着き、穏やかな気持ちになれ、心を許せる信頼できる大事な夫です。

関連記事

探したというよりも、これは運命なのでは・・。なんとなく出逢った彼との出会い

社会人になって1年後に結婚!過ごす時間が長いほど相手との距離が近づく。

【結婚】腐れ縁を侮ってはいけないと身を持って実感した恋の話!

支えてくれる彼!無理をせず、自然体でつき合える彼と出会って・・。

【体験談】最初は恋愛対象外だった相手が結婚候補として見えてきた私

仕事場で出会いあり!仕事と恋愛が同じところにあるなんて考えたことなかった。