最初は友達感覚からの恋。自分のやりたい事と趣味を両立させることができた恋愛

ゆーきさん

ゆーきさん
年代:20代
地域:神奈川県

彼氏より自分の夢

当時は自分のやりたいことに邁進していて、彼氏も欲しいけど自分のやりたいことを優先していました。

当時は自分のやりたいことの過渡期でふわふわしていて不安もあり、少しでも安定させようと必死でもありました。

もちろん彼氏が欲しいともずっと言っていましたが、友人曰くチャンスをいつも逃しているとの事でした。

何回もいい感じになっているのに私が友達感覚でいつもいたので、向こうが告白を切り出せず、

結果良い友達で終り後に私がいい人だったなあとつぶやく・・・当時はこれが3・4回あったと友人から聞きました。

趣味も全力で楽しんでいた事もあり、無理に彼氏を作る理由もそんなにないな、とも感じており中々彼氏ができませんでした。

周りに彼氏ができ始め・・・

自分のやりたいことが安定し始めた時、周りを見たらカップルばかりでした。

中にはいつも仲良くしているメンバーで付き合っていました。

そのカップルは友達との時間、カップルの時間を上手くやりくりしていたので、カップルと私で遊ぶ事もかなり多かったです。

その際に二人の間にある雰囲気などは以前と違って親密感が増しているのが感じられ、いいなあ、と感じるようになりました。

その中で別の友人も彼氏ができて、その子の喧嘩話を聞いたり、愚痴を聞いたりしていました。

そのこは最終的に仲直りするだろうとわかって聞いてい他のですが、そういう喧嘩も羨ましいなあ。

とも感じるようになりました。そうやっって段々友人の恋愛事情などを聞いたり感じたりして行くうちに彼氏が欲しいなあと感じるようになりました。

結果的に身近にいる人

彼氏が欲しいと思ったところで、どうしても自分のやりたい事・趣味などを優先させていました。

しかも彼氏・彼女がいる友人たちとも以前と変わりなく遊んでいたので、不自由なかったので、正直少ししか探していませんでした。

冗談混じりで「彼氏欲しいなぁ」と言ってみたり、普段のメイクを変えてみたり、

洋服を女子っぽくしてみたりなど小さい事をちまちましていました。

時折共通の趣味から探そうと初めてのコミュニティなどにも参加したりしました。

周りの彼女がいない男友達にもいい人がいたら紹介してね!とも言っていたと思います。

あとは当時仲良くしていた男友達の人がいいなとも思っていたのでその子に色々とアピールしたりしました。

正直当時できた彼氏は友達の延長でできた彼氏

最初は友達感覚でした。

しかし、向こうから友達以上の事をしてくるようになって改めて彼氏ができたんだと感じてなんだか安心したようなホワホワした気持ちになりました。

でも気が緩みすぎてもいけないなあと思ったので、やりたい事と趣味の時間ははっきり分けるようになりました。

でも二人でいる時間は緊張もしつつ安心して過ごすことができたと思います。

生活は少し彼氏と会う時間をふやしたぐらいかと思います。少し電話したりなど、

正直彼女らしいことは全くしていなかったと思いますが、それで自分のペースを守れたと思います。

友人カップルの話も理解できるところが多くなったので、また少し仲良くなった気がします。

関連記事

【恋愛教訓編】私の学生時代、甘酸っぱい青春の話。

【ダイエット女子】彼氏がいないのを馬鹿にされたことが彼氏ができるきっかけでした。

「彼氏がほしい」モテない私が人生で初めて恋人を作ったヘタレ女の体験談

恋愛に疎い私が出会った彼との最初で最後の運命の恋!

恋って素晴らしい!恋愛初心者の私にあっという間に彼氏ができたストーリー

元カレとよりを戻して・・。日常に安心感があることが幸せなんだと思えました