自分を変えたかったただそれだけの理由で彼氏を作った

やまだちゃん

やまだちゃん
年代:20代
地域:岡山県

ザ★非モテ女子の生き方

とにかく人との出会いが少なすぎた。

学部柄、女子が多く、男性との接点がほぼ皆無。バイトも人数が少ない自転車屋さんで、チームワーク恋愛には至らずでした。

いつも同じ友達といつも同じ居酒屋に飲みに行く毎日。

ビール日本酒ビール日本酒!遊び相手も女の子。

休みの日は寝る。

男性ウケしないゆるゆる古着ファッション。

体型もだらしないしどちらかといえばギャグ要員。

かわいい、愛らしいとはかけはなれていたかも。

それに加えて声が低かった。

これは本当に大事だと思った。

優しい声の女の子がかわいい。

あと男性への敬いが圧倒的に欠如していたことは事実。

盛り上げてあげることもできないし、聞き上手になってあげることもできなたった。

ヘラヘラはしてたけど、ニコニコはしてなかったからやっぱりまずかったかな!

私、このままじゃ、ダメだ

毎日毎日同じ日々。だけどどうしたらいいんだろう。

「彼氏ってなんだっけ」そこからのスタート。

卒業して大学院に進学を機に、彼氏を作ることを決意。

ドキドキが欲しい!トキメキが欲しい!かわいくなりたい!そんな小さなことから、私の計画はスタートした。

とにかく「人生を変えたい」そんな思いで彼氏を作りたいと思うようになった。

妄想彼氏はたくさんいたから、デートコースはバッチリ。

だけど妄想だけでいいの?よくないよね!!ダイエットもした!ヘアスタイルも変えてみた!かわいいワンピースも買った!

ガラッと雰囲気変わってんじゃん!私!さあ、あとは男性と出会うだけ!彼氏を作るだけ!さて、どうしよう!!

彼に好きになってもらった!

大学院生の飲み会が開催された。

知ってる友達もいたけど、知らない人もポロポロ。みたことある人がちょこちょこ。

それが当時の彼。大学生の時に一度だけ見たことのある彼を覚えていたのだ。

飲み会がでお酒が進み、盛り上がって解散。

じゃあ帰ろっかってなっている時に「家まで送るよ」って言ってくれたのが彼。

家の方向が近くて、私が住んでいたアパートまで送ってもらうことに。

歩きながらお話をして、盛り上がって、家についても家の前でおしゃべり。

気がつけば朝の5時。流石に解散する時、次のデートの誘いが。

お互いにその時に惹かれ合うものがあって、そこから何度かデートを重ねて、彼とは結局お付き合いをすることになりました。

彼の全てが私の全て

ずっとこの人を支えたいって思うようになりました。

苦手な料理も頑張って、仕事の疲れを癒せるように。

いつもニコニコして慰めていました。

また、言いたいことを言い合える仲になりました。

これは私にとって革命的で、なかなか普段は言いたい本音を言えない性格なのですが、彼とのお付き合いによって、好きなものは好き、嫌なことは嫌とはっきり言えるようになりました。

このご飯が食べたい。ここに行きたい。

電話したい。

とにかく断られても「こうしたいという自分の意見」を持つようになりました。

これは彼だけでなく、周りの友人にも褒められるようになりました。

彼があってこそ今の私がいます。だから彼には感謝してもしきれません。

関連記事

新生活は不安だらけだったけれど彼のおかげで楽しくなった

しばらく恋愛から離れていた私・・。意識もしてなかった会社の同僚が恋人に!

【ビビッと感じた恋】路上のナンパから始まる真剣交際もあるんです!

突然できた彼氏。バイト先で出来た大好きな彼

【出会い系サイトでの出会い】現実で出会いがないなら、ネットで出会いを作ればいい

辛い恋を忘れたい!義兄を忘れるために自分磨きを頑張って彼氏を作った!