30代で結婚したい!出会い系で出会った、何でも話せる大切な人

うさぎさん

うさぎさん
年代:30代
地域:東京都

20代後半から「出会い」が激減

実は、20代中盤を過ぎるころまでは、多少ブランクは空いても、私はそれほど彼氏を作ることには困っていませんでした。

会社の同僚や先輩、友達の友達、合コン、はたまたよく通っていたカフェの店員さんなど、不思議と出会いには恵まれていたと思います。

ところが、20代後半に差し掛かり、本格的に「結婚」に対して焦り始めたのとは裏腹に、出会いが激減。

まわりの男性は既婚者が増え、女友達も結婚や出産で合コンに付き合ってくれる人が激減したことが主な理由でした。

また、付き合ったとしても、どうしても「結婚」への焦りを隠せなかった私は、つい相手に結婚話を持ちかけたり、結論を急ぐようなプレッシャーをかけたりしてしまい、それがうまくいかない原因でもありました。

どこか諦めも感じつつ突入した30代…でもやっぱり結婚したい!

いよいよ30代に彼氏無しのまま突入した私は、当初目標にしていた「20代での結婚」を完全に打ち砕かれ、半ば諦めムードにすらなっていました。

幸い、職場の女性は30代後半でも未婚や離婚歴のある女性が多かったので、彼女たちの存在は、自分が彼氏なし・未婚であることを肩身の狭いことじゃないと思わせてくれるようでした。

けれども、同時に、30代後半で未婚ということは、当然、子供も確率的にどんどん厳しくなるわけで、心のどこかでは「先輩たちみたいにはなりたくない!私も結婚して子供が欲しい!」と、彼女たちを反面教師に思っている自分がいました。

30代にもなると、彼氏がいなくてもそれなりに生活を謳歌できるようにもなりますが、やはり私の場合は、結婚したい、子供が欲しいという気持ちが「何が何でも彼氏を作りたい!」という気持ちに拍車をかけました。

ついに「出会い系」に手を出した!

そうはいっても、前述したとおり、出会いの場は年齢とともにどんどん減るばかり。

途方に暮れていたときに、興味本位で手を出したのが「出会い系サイト」でした。

最近では出会い系サイトや婚活サイトはごく当たり前になってきましたが、当時はまだどこか「後ろめたさ」が勝って、誰にも言えなかったのを覚えています。

会費制のサイトも考えはしましたが、まずは無料で利用できる「Yahoo!パートナー」などのサイトに登録。

意外にも、サイトに登録している男性はごく普通の人たちで、出会いを真面目に求めている人が多いことには驚きました。

気になる人にメッセージを送ったり、逆にもらったりして、気が合う人数人と常にやり取りし、気づけばすっかりハマっている自分がいました。

何度かメッセージを繰り返して、お互い気心が知れてくると、互いにメアドを交換したり、写真を送り合ったりし、その後「会いませんか?」という流れに。

そして実際に会って、「ちょっと違うな」と思うこともあれば、そこから一気にデートに発展して、お付き合いした人も出てきました。

けれども、互いに共通の友人などがいない関係というのは意外と脆いもので、短期間で終了。そんなことを何度か繰り返しました。

最終的に、本命の彼(今の主人)と出会えたのは「Japan Cupid」という、外国人が多い出会い系サイトです。

私は留学経験があったのと、あまりにうまくいかない恋活に「日本人じゃダメなんじゃないか」という根拠のない思いがあり(笑)、ほかのサイトと並行してこのサイトにも登録していました。

当時海外にいた彼でしたが、近いうちに仕事で来日する予定だということで、たわいない会話からスタート。

そのときは、まさか付き合って、しかも結婚までするとは夢にも思いませんでした。

毎日自然に連絡を取り、何でも話せる関係に

正直、彼とメッセージを交わしている間は、彼とはそれほど趣味が合うわけでもなく、「そのうちフェードアウトするかな」とすら思っていたくらいでした。

でも、そんな気の抜けたやり取りが逆に良かったのかもしれません。

お互い無理なくメッセージ交換を続け、いざ彼が来日することに。
東京を案内するがてら食事に出かけて以来、お互いすぐに意気投合し、一気に距離が縮まっていきました。

彼はアメリカ人だからか、とてもオープンな性格で、日々の出来事を毎日メールしてくるようなタイプ。

日本人の男性は仕事優先で音信不通になるケースも多かったので、毎日メールのやり取りができるだけで、精神的なつながりを感じることができたのが私にとっては大きかったです。

その後、毎週のように週末になると二人で出かけました。

一人では行かないようなところに行くのも、彼との会話も楽しかったです。

彼にとっても、友達のいない孤独な状況で、私の存在は少なからず大きかったようで、正式に付き合うまでは長くはかかりませんでした。

その後、1年のお付き合いを経て、婚約、結婚に至ります。

それまで、「出会い系」で出会うなんて無理なんじゃないか、と心のどこかで思っていましたが、彼と出会ったことで、本当に出会いは「どこで出会ったかは関係ない」んだなと思いました。

相変わらずオープンな彼は、今でも日常の些細なことから真面目なことまで何でも話してくれます。

なので、私も彼には何でも思っていることを打ち明けます。

そんな信頼関係を築けていることが、何気ない毎日を楽しく、幸せな気持ちにさせてくれるのだと思います。

関連記事

不幸アピールが効いた?彼氏との別れで失意のどん底を経験

【確信できた恋愛】忘れられない恋を乗り越え、どんな時も傍に

胸キュンの告白!彼氏なんていらないと思っていた時に現れた王子様。

遠くばかり探さなくても、意外と近くに最良な相手がいる

おひとりさま暮らしも楽しいけど、やっぱり家族が欲しい!

私にもとうとう春がやってきた!少し遅めの青春!