恋愛から離れて気づく、小さな幸せを感じられる恋愛

うららかっちさん

うららかっちさん
年代:30代
地域:奈良県

恋愛依存症

中学生の頃からどちらかというと恋愛体質の私。

好きな人がいないと人生楽しく無いと本気で思っていました。

彼氏ができるとどうしても女友達との関係は薄くなって、彼氏と別れたときに周りに友達が居なくなるということも、恋愛に依存する理由になってたのかもしれません。

ひとつの恋愛が終わって、次の恋愛にいつもならすぐ始まることもできたのだけど、女友だちと遊ぶのも楽しいことに気づき、恋愛依存を脱出しようと決めたことで、彼氏を作らない時期がありました。

海外旅行へ行ったり、コンパしたり、男友だちと騒いだり、束縛のない生活は意外と楽しく、彼氏がいないのもいいと思う時期でもありました。

でも、20代後半になると結婚という文字が、焦りを生むのですが。

焦りが自分のレベルを思い知らされる

結局もつべきものは友だち

なかなか自分の周りには、好きになれる人がおらず女友達が紹介してくれる人がピッタリだったりします。

コンパや何やらで出会いに疲れたときに、女友だちが紹介してくれる癒しの相手。

見た目や収入、仕事など自分の理想とは違っていても、何か惹かれるところがあって、相手にも同じように思ってもらうことができて、付き合うことになりました。

女友だちが知ってる相手だからこそ、素性もしれているし、何か困ったことがあったら友だちに頼れる。

最初は友だちも含めて遊んだり、気軽なところも良かったのかも。

色々な出会いを経てからというのも良かったのかもしれません。

男は見た目じゃない、仕事じゃない、収入もあればそれでいい。くらいハードルを下げることもできましたし。

小さな幸せ

日々の小さな出来事を共有出来る幸せ。

毎日電話したりメールしたり、会う前にドキドキしたり。

肌も調子が良くなります。

ご飯食べたりでかけたり、週末の予定が埋まります。

イベントも2人で過ごすことが多くなり、幸せな気持ちになれます。

そのかわり、友だちとの時間は減ります。

どこで何をしてるか、男の子とも簡単には遊べなくなります。

周りから結婚は?と急かされます。

時々そのことで彼氏とケンカになったり、気まずくなったりします。

でも、仲直りしたらまた幸せな気持ちになれます。

相手のことを好きになりすぎると悩んだり苦しくなったり、束縛したくなったり、いいことばかりではないけど、彼氏がいないときはこの苦しみがない代わりに小さな幸せを感じれないので、それも幸せな気分にしてくれます。

関連記事

恋って大切!相手は私に色んな事を教えてくれて導いてくれた人でした

【確信できた恋愛】忘れられない恋を乗り越え、どんな時も傍に

彼が大好き!ジョッキから映ったあなたが運命の人になるなんて。

結婚を決めた彼と別れ共通の趣味で出会った新しい彼

【友に恵まれた私】友達のおかげで奥手な私が彼氏を作れるまで。

同じ趣味を持つ彼氏をゲット!仲間が集う音楽サークルで出会った彼