高速バスで会いに来てくれる彼!とても自分を大事にしてくれた遠距離恋愛時代の彼氏の話!

テツクラさん

テツクラさん
年代:30代
地域:高知県

彼氏と別れた後で友達と一緒が楽しいと考えていた

当時、私は短大に通っており勉強や実習に追われていました。

また、高校の時に付き合っていた彼氏と価値観の違いで別れた事もあり、彼氏はしばらくいいやと思っていた時期でもありました。

さらに短大の友達がとても相性のいい人ばかりで毎日アニメや漫画の話をするのがとても楽しく、彼氏を作るよりももっと友達を大事にしたいと思っていました。

恋愛については自分でするよりも恋愛小説や漫画、映画等で疑似恋愛をした方が楽しいしそれでいいとさえ考えていました。

短大にはほぼ女性しかいなかったのとその時たまたまアニメのキャラクターにとてもハマっており、私には彼氏がいなくてもこのキャラクターさえいれば幸せだと考えていたのも彼氏がいなかった大きな理由です。

親友に彼氏ができた

私が彼氏が欲しいと思うようになったのは、親友に彼氏ができてとても幸せそうな姿を見たからです。

親友は県外の大学に通っており、私とは手紙で色々やり取りをしていました。

その親友に彼氏ができて毎日とても楽しいと手紙に書いてきてくれたのを見てとても羨ましくなり、久しぶりに彼氏を作りたいという感情が芽生えました。

女の子の友達と毎日ワイワイしたりアニメのキャラクターにハマっているのもとても楽しいですが、やはり彼氏には彼氏にしかない良さがあります。

また、彼氏がいない寂しさを親友からの手紙を読んで思うようになりました。

久しぶりに彼氏を作ってその寂しさを埋めたいと思うようになり、積極的に探そうと一念発起する事を決意しました。

親友からいい人を紹介してもらった

私が彼氏を作りたいと親友に相談した時「それなら、ちょうど彼女を探している人がいるから紹介したい」と言ってもらいました。

とてもいい人だからという事で紹介してもらう事にしました。

当時私は高知、相手は徳島だったのでまずはメールでやり取りをする事から始めるようにしました。

相手は大学生で親友の同級生でとても明るくて優しい性格だったので私はすぐに「こんなにいい人だったら好きになる事ができるかもしれない」と思うようになりました。

笑いのツボが一緒で好きなお笑い芸人さんやテレビ番組が一緒だったのも好きになった大きな理由です。

この人と毎日笑ってすごせたら幸せだろうなと感じました。

だったけど大事にしてくれた

メールや電話をした後、一回実際に会いに行く事になりました。

その時駅まで親友とその人が迎えに来てくれてとても嬉しかったです。

初めてみたその人の印象はとてもオシャレで驚きました。

自分はファッションセンスに自信が無かったので「自分はダサイからひょっとしたら嫌われてしまうかも」とドキドキしてしまいました。

ですが、その人は私の事を「可愛い」と言ってくれた上に告白までしてくれました。

もちろんすぐにOKしました。親友も「大学の友達と私の親友が両思いになってくれてとても嬉しい」と言ってくれました。

そこから遠距離恋愛がスタートしましたが、私が「会いたいね」と一言言っただけですぐに高知までバスで来てくれるほど優しかったです。

毎日充実して付き合っている間私はとても幸せでした。

関連記事

出会い系サイトと侮るなかれ!最近の婚活アプリは凄いんです!

彼氏ができて世界が変わる!インターネット上の出会い及び長い長い遠距離恋愛

【恋愛教訓編】私の学生時代、甘酸っぱい青春の話。

【結婚への近道】大事な人はすぐそばにいるかもしれない

【ネットでの恋】SNSでの思いがけない出会い

恋愛対象外のはずが・・8歳も年下の彼氏ができ、その後結婚しました。