人見知りから脱けだして彼氏ができた私の経験

たろちゃん

たろちゃん
年代:20代
地域:福岡県

どうして彼氏がいなかったのか?

当時は彼氏が欲しくなかったわけではなくずっと恋人がほしいと思っていましたが、彼氏ができませんでした。

おそらくその理由は、私の行動力がなかったからだと思います。

かっこいいな、気になるな、という人がいても、どうせ私なんて相手にされないだろうと決めつけて眺めるだけで満足していました。

ご飯に誘ったり、デートに誘ったりする勇気がなかったのです。

何かの奇跡が起こって相手から私に話しかけてくれないかなあと、とても受け身でした。

今思えば、何も行動していないから何も起こるわけがないのに相手を待っているっておかしいなあと思います。

もっといろいろな人に積極的に話しかけたり、ご飯や映画に誘ったりすればよかったなと反省しています。

彼氏が欲しいと思った理由

彼氏が欲しいと思ったのは、少女漫画や恋愛小説のように恋人と過ごしたかったからです。

私は本を読むのが好きで、少女漫画はもちろん、恋愛の小説もたくさん読んでいました。

多くの本では、出合ってから恋人になるまでに悲しんだり悩んだりしていますが、主人公は好きな人と過ごしているとき、とっても幸せそうな顔をしています。

わたしも好きな人と出会って恋人になって幸せになりたい!と思いました。

本の中のかっこいいヒーローではなくて、現実にいる男性と実際にデートしてみたい!と思いました。

もともと本に憧れていたので、実際に恋をしてドキドキしてみたかったから、というのが私の彼氏が欲しかった理由です。

同じクラスの彼氏

私は、大人しい性格で人と積極的に関わるほうではなかったので、合コンや友達に紹介してもらうのは苦手でした。

そこで、まずは身近な人と仲良くなろうと考えて、あまり話したことがない友達に話しかけることを始めました。

例えば、バス停でたまたま同じクラスの男の子を見つけたときに挨拶をする、などです。

私は本当に人見知りで、話しかけようと決める前までは、バス停で人を見かけても気づかれないようにないように隠れるほどでした。

そんな私が、急に話しかけるのはハードルが高かったので、笑顔で手を振ることやおはようなどの挨拶をすることから始めました。

手を振ったり挨拶をしているうちに、相手のほうからひと言声をかけてくれるようになったりして男の子と距離を縮めることができました。

その中で特に仲良くなった男の子が今の彼氏です。

彼氏ができて変わったこと

彼氏ができてからは、楽しいと思うことことがとても増えました。

週末に彼氏とご飯を食べにいくという楽しみがあるので、平日の仕事や勉強を頑張ることができます。

好きな人と過ごす時間はとっても幸せで、日々のちょっとした悩みや悲しいことは彼氏に会うだけでなくなってしまいます。

また、彼氏の趣味にも興味を持つようになり、今では私も同じ趣味を持っています。

新しいことを学ぶことは勇気がいることですが、彼氏が励ましたり応援してくれるおかげで挑戦してみようと思うことが出来ます。

私のことを大切に考えてくれているひとができたことで、日々の活力が湧いてきて生活に張りがでて、気持ちの余裕という面で彼氏ができる前とはガラリと変わりました。

関連記事

【体験談】婚活サイトをネットの恋!40代になってから久しぶりに彼氏ができた幸せ話

コロコロ彼が変わり浮気されてから仕事人間になった私の次の恋。

両親の不仲から「一生彼氏なんかいらない」と思っていた私が恋をした。

思い切って行動すること!意外と身近にいる運命の人。

合コンは面倒くさがらず参加!!踏み出してみてやっと出会えた、好きな人。

彼氏が欲しい!飲み屋で知り合った男性に人生初の猛アプローチ!