彼に感謝!彼氏ができたことによってブラック企業を辞めた話。

たかまつひろこさん

たかまつひろこさん
年代:30代
地域:東京都

ブラック企業で残業地獄

当時、私は広告代理店に勤めていました。

その会社は、成果主義のブラック企業でした。

残業代は出ないものの、自分で積み上げた粗利をベースに報酬が支払われる賃金体型で、とにかく働いて成果を上げなければ薄給。

仕事をしまくらなければご飯を食べていけない状況でした。

今考えると、法律違反な会社だったと思います。

そんな中で、とにかく稼ぎたい私は働きました!朝早く出社して終電まで働き、家に着いてからもPCを持ち帰り夜中の2時か3時までは働いていました。

土日も家でずーっと仕事。自分の時間なんて一切ありませんでした。

そんな生活を送っていたので、彼氏なんてできるはずもなく…

とにかく仕事以外の事は考えられなくなっていたので、彼氏を作ろうなんて思っていませんでした。

友達との再会で自分の会社の異常さを知る

就職を機に離れていた友達と再会する機会がありました。

彼女は東京の会社に就職をしましたが、地元にも支社があったため地元のほうの支社への配属となり、卒業以来5年間は一度も会えませんでした。

しかし、やはり都会で働きたいという思いがあったらしく、会社に相談し東京へ異動となり、再会することができました。

彼女の会社は、ホワイト企業で有名な会社。話を聞くと、私とは全く違い優雅に社会人生活を楽しんでいました。

彼女に私の会社のことを話すと、「それって違法じゃない?なんでそんなところで働いてるの?」とズバッと言われ…そこから、偶然にも彼女の会社で求人がでていて、すぐに会社訪問をすることになりました。

私は勇気を出して有給をもらい、会社訪問へ。

その職場は、穏やかで、怒鳴り声なんて聞こえず、働いている人がみんなキラキラしていました!

その日、友達の女の子の同期とランチをして、みんなの恋の話を聞きました笑

恋バナなんて、大学生以来でした。本当に本当に楽しくて!別世界にいるような気分でした。

みんな私と同じ歳なのに、仕事も恋も楽しんでして。

私の憧れていた社会人像がそこにはありました。

そこで、私も恋も仕事も楽しまなきゃという気持ちになり、転職を決意。

と、同時に恋活も始めることにしました!

友人の同期のなかにビビッと来る人が!

転職を決意して、まずは友人の会社から受けることに決めました。

まずは会社説明会に参加、そこから選考が進むというフローでした。

私も早速説明会に参加し、真剣に仕事や会社について話を聞きました。

説明会後には、友達がおすすめの独身男性社員を集めて交流会を開いてくれました笑

大学卒業後、ずっとブラック企業で働き、男性との交流もなかった私…

そんな私を心配して、まず手始めとして男性と交流する場をセッティングしてくれたとのことでした。

そこで今の彼氏に出会いました!

彼は、友達の同期でエンジニアの仕事をしている穏やかな人でした。

特に好みの顔という訳でもなかったのですが、一目見たときに「この人と何かあるかもしれない」と直感的に思いました。

言葉ではうまく説明できないの感覚なのですが、どこか懐かしいような安心するような、とても愛おしい気持ちになったことを覚えています。

そこからトントン拍子に話が進み、付き合うことになりました。

ブラック企業からの脱出、生活が驚くほど安定

恋活はすぐに結果が出たものの、就活はなかなかうまくいきませんでした。

しかし、彼も私が働いていた会社がいかにおかしいかを優しく説いてくれて、ブラック企業の洗脳から抜け出しつつありました。

自分に自信を持てなかったのですが、彼がすごく褒めてくれたり、アドバイスをくれることで自己肯定感がまして、
面接にも堂々と挑めるようになりました。

そんななか、定時出社・定時退社は当たり前、残業はほぼない、福利厚生も充実している会社に就職が決まりました。

すごく心配をしてくれた彼も大喜びで、本当に安心しました。

今もその会社に勤めていますが、生活は激変しました。

すごく穏やかで、ストレスもほぼありません。気持ちに余裕ができたので、ジムに行ったり、料理教室に通ったり。

自分に使える時間が倍増しました。

収入も安定したので、実家を出て一人暮らしを開始。

今は、彼氏と同棲しています。

そして、来月には入籍する予定です。

関連記事

恋愛成就には色々な形がありますが、私達の場合は・・・。

ダラダラする生活とはさようなら。私生活に対する不満足を彼氏という存在で埋めよう。

恋をする!平凡だけど素敵な出会い、20歳で出来た初めての彼氏

妹の結婚式が引き金になった!大人しい私が勇気を振り絞って彼氏づくり。

キラキラの生活に変わる!私の昔懐かしい高校であった青春時代の思い出。

遊びの恋はもう終わり!ちゃんとした恋愛をしてみたかった。