出会いに恵まれなかった私が、諦めたその瞬間に運命の出会いは訪れる!

たかまるさん

たかまるさん
年代:20代
地域:愛知県

出会いに恵まれなかった私

職業柄、女性ばかりの仕事場…職場恋愛にも憧れるけど周りにはいても中年のおじさんや既婚者ばかり。

このままでは出会いがないと思いました。

その当時は、彼氏が欲しくてとりあえず数打てば当たるだろうと思い、クラブに行ってみたり、合コンや街コン、友人の紹介、マッチングアプリ、婚活パーティーなどあらゆるものに手を出していました。

しかし、求めれば求めるほど遠ざかっていくのです。少し仲良くなっても、すぐ嫌なところが目についてしまって、この人のここがもう少しこうだったらいいのにと思うことが多かったです。

そうです、要するに理想が高かったんですね。

プライドも高かったんだと思います。もっといい人がいるはずと思い込み、なかなか彼氏ができませんでした。

初めての一人暮らし…とにかく寂しい!

社会人になって初めて一人暮らしをしました。なんたって寂しい。

いつもは家族がいたのに、喋る相手もいない。周りを見渡すと、彼氏と同棲している子や、彼氏の家に遊びに行ってる子がいたので余計に自分が一人のように感じました。

また、社会人になったばっかりだったので職場には慣れていなくストレスが多かったことも理由の一つです。

こんな時、誰か支えてくれる人ががいればなと思っていました。

あとはやっぱり友達から彼氏の話を聞くと欲しいなって思いました。

何人かの友達と遊んでいて自分だけ彼氏がいなかったので全然話についていけず、悔しい思いをしたのを今でも覚えています。

彼氏がいる人は何か余裕があって少し優越感に浸っている印象を受けました。

私もそちら側になりたいと思いました。

試行錯誤の結果、解き放たれた時にそれはやってくる!

クラブに行ったり、合コンや街コン、マッチングアプリ、婚活パーティーなどあらゆるものに手を出しました。

中には少しだけお付き合いした人もいましたが、どれも長くは続かなかったです。

その時、潔く出会いを求めるのはもうやめようと思ったんです。

なんだか自分を見失っているように感じて。

ひとまず、彼氏がいなくても充実した生活を送れる人間になって、自分を磨くことが今は大切なんだと思うようになりました。

それからは何だか寂しさにも耐性がつき、自然体で生きられているように感じました。

そうしていくつかの時は流れ、友達とグアムに旅行に行った時でした。

ホテルのバーで外国人に話しかけられたのです。

しかも結構年配の方。

最初は片言の英語で伝わっていましたが、だんだん英語が難しくなってきて、そしたらその人が通訳を呼んでくる!っていって走っていったんです。

戻ってきて日本語の話せるハーフくんを連れてきました。そのハーフくんに一目惚れされ、旅行中に何回かデートに行きました。その後も連絡を取り続けて、お付き合いすることになったのです。

1人でいられる術を身につけた人に彼氏ができると…

さらなる充実を得ることができました。前の自分だったら彼氏に依存しすぎていたでしょう。

仕事のストレスを恋愛で埋めようとしていたのですから、それは彼氏側もまいりますよね。

彼氏ができて、自分は柔らかくなったと思います。

少し気を張って生きていたのですが、彼がいることによって安らぎや精神的余裕をもたらしてくれました。

生活にもメリハリがついて、この時間は電話がくるからそれまでにやることを終わらせておこうだとか、デートのために平日に仕事は終わらせておこうなど、楽しみがあることによって頑張ることができました。

あとは周りのことは気にならなくなりましたね。

誰にどんな彼氏や彼女がいようが自分は自分。この人はこの人。

他人を妬むことを少なくなったように感じます。

関連記事

日々の生活が変化で幸せを勝ち取る!

恋をして綺麗になる!生きていくことが楽しくなりました。

♪恋愛はとことん楽しんで泣いて笑おうよ♪

【ドキドキ指数が急上】私に彼氏ができるまでのみちのり。

不倫を断ち切るために、無理やり彼氏作っても…

ダラダラする生活とはさようなら。私生活に対する不満足を彼氏という存在で埋めよう。