押してダメなら引いてみろ!追い続けて、やっと振り向かせた理想の人

想世さん

想世さん
年代:20代
京都府

難しい恋愛観

大学1年生の時、一瞬だけ付き合った男性がいました。

相手を振り向かせるまでは、その人に夢中で猛アタックしていましたが、相手が手に入りそうだと分かったとたん、急に熱が冷めてしまいました。

それからも、何度か好意を寄せられることはあったのですが、自分から好きにならない限り、相手に夢中になれない性格であるということが分かりました。

その頃から、片思いの方が自分に向いていると思うようになりました。

ですが、彼氏を作るためや片思いの相手を見つけるために、合コンや相席屋、クラブに行くのはなんとなくいやでした。

自然な出会いを大切にしたいと思っていましたし、そもそも私は女子校出身であったため、彼氏がいなくとも楽しい日々を送れていました。

なので、彼氏を作るために特別な努力は一切しませんでした。

大学は彼氏作りにぴったりな場所

大学生になりたての頃は、彼氏がいることで自由が少なくなったり、一人の時間が減ってしまったりというようなマイナスの感情しか持っていませんでした。

その結果、数人からのアタックも受け流し、周囲の男性と友達以上恋人未満な関係を築き、おひとり様ライフを満喫していました。

ですが、学年が上がり、周りの子がどんどん彼氏を作っていくのを見ているうちに、少しずつ「羨ましい」という感情が芽生えてきました。

また、結婚を見据えたときに、大学生というのは人生で一番、自分に合ったパートナー候補がたくさんいる時期ではないかと考えるようになりました。

そこで、「今までに自然に出会った人」の中から、「これから先、結婚を見据えて付き合ってもいいと思える人」を探そうと思い至りました。

追いかけ続けた理想の彼氏

改めて、自分がこれまでに築いた人間関係の中から、彼氏にしても良いと思える人を探したら、サークルの同期の男性が脳裏に浮かんできました。

その男性は共学出身で、コミュニケーション能力が高く優しい人で、勉強も運動もでき、私の周りには彼に好意を寄せる女の子が数名いました。

ですが、当のその男性は女性関係において非常に潔癖であり、ちょっとやそっとのことでは手に入らなそうでした。

先に好意を寄せられると冷めてしまう片思いタイプの私からすると、彼はまさに理想の彼氏であり、これまで友達として非常に親しくしていたこともプラスに働きました。

それからは、彼のことがどんどん好きになり、好意をアピールするもまったくガードを緩めてもらえず、さらに彼の良いところだけでなく悪いところもたくさん見つけました

それでも好きな気持ちは変わらなかったため、「大学生活はこの人への片思いで終わろう」と決心して追いかけ続けました。

友達・兄・夫…様々な存在になれる彼氏の大切さ

大学生活をかけて追い続けたサークルの同期は、一時期「押してダメなら引いてみろ」という恋愛テクニックを実践したら、そのギャップに惹かれたらしく、私の好意に応えてくれるようになり、無事付き合うこととなりました。

友達から始まった関係でしたが、付き合ってからもどこかに遊びに行くときは友達のようにはしゃぎ合い、落ち込んでいるときは兄のように励まして支えてくれ、クリスマスや誕生日には夫のように愛を示してくれました。

彼氏という自分の強力な味方がいるということは、私の自信につながり、サークルの仕事で辛いことも乗り越えられましたし、一人の夜が寂しいと感じることもとても少なくなりました。

自分にとって様々な存在である彼氏と、一生共に歩み続けたいと思っています。

関連記事

30代で結婚したい!出会い系で出会った、何でも話せる大切な人

1人になって考えて成長した話。不安や恐怖から脱出の先には大きな成長がある!

彼氏ができて、女子力が上がった!運命の人とは他の人と感じるものが違ってくるもの。

先ずは一歩踏み出して、経験を積んだ先に見えるもの

2歳年下の部活の後輩と…青春ラブストーリー

結婚したくて婚活パーティにいったら、運命の彼と出会う!