とにかく彼氏が欲しかった!若かりし頃の私の失敗談

シマウマちゃん

シマウマちゃん
年代:30代
地域:北海道

異性と接する機会が少なすぎて、男心がわかりませんでした

恋愛経験がない上に、男友達もほとんど出来たことがなかったため、男心がわかっていなかったのが原因だと思います。

また、どんな女の子が異性にモテるのかということも、男友達がいなかったがゆえに、全くわかっていませんでした。

しかし、当時の私は、何が原因なのか全く見当すら付かず、彼氏ができない原因を全て自分の容姿のせいだと決め込んでしまっていました。

そのせいで、ますます、異性と話す時には「私のこと、ブサイクだと思っているんだろうな…。」

なんてネガティブに考えてしまい、必要以上に緊張して喋れなくなってしまう等、負の連鎖を繰り返していました。

異性の兄弟もいなかったし、小さい頃から男の子と接する機会が本当に少なかったので、当時は、異性を「未知の存在」だと捉えていました…。

友達からの「彼氏が出来た。」という報告で、危機感が…

今まで彼氏どころか、好きな人すらいなかったはずの友達から、急に「彼氏が出来た。」と立て続けに報告を受けるようになり、私も「彼氏が欲しい!」と強く意識するようになりました。

その当時の心境としては、もちろん、友達に対する羨ましさや焦りもありましたし、「友達が皆、デートで忙しくなったら、一緒に遊べる相手がいなくなってしまう…。」という危機感も感じていました。

「彼氏が出来たら何をするか。」という具体的なところまでは何も想像できておらず、ただただ「自分を一番に大切にしてくれる優しい彼氏が出来たらな…。」とボンヤリ思っていました。

当時の私は、「彼氏とは、精神的な支えとなってくれる人で、友達のように楽しく遊べる(デートする)相手」だと捉えていました。

友人からの紹介で出会いました

身近に、以前からなんとなく気になっていた異性がいたので、まずは、その人に勇気を出して告白しました。

しかし、結果は惨敗で、かなり落ち込みました。

その人に振られてからは、落ち込んだ気持ちから早く立ち直りたかったのと、半ばヤケになっていたのもあり、周りの友達に「彼氏が欲しい〜!」と言っていたら、何人かの友達が異性を紹介してくれました。

私は、すっかり自信をなくしていたので、「どうせ私を好きになってくれる人なんていないだろうな…。

でも、もし私のことを気に入ってくれる人がいて、私もその人のことを少しでも良いと思えたら付き合おう。」と考えていました。

それで出会ったのが、初めての彼氏です。

友達から紹介されて、初めて出会ったその日に、相手から「付き合おう。」と言われ、そのまま交際が始まりました。

楽しかったのは最初だけでした…

彼氏ができて、最初のうちは楽しかったです。一緒にデートをしたり、プリクラを撮ったりして、毎日ウキウキしながら過ごしていました。

しかし、デートで忙しくなった分、当時、学生だった私は、学業がおろそかになり、成績が下がりました。

それに、デートをする度に、交通費等、(微々たるお金とはいえ)お金を使ってしまうので、少し金欠にもなりました。

そして、彼氏との関係は、初めてのキスまでは良かったのですが、それ以上に関係が進みそうになった時点で、私の中で「これ以上は無理だ…。」

という気持ちが芽生えてしまい、結局、ギクシャクした関係になって別れました。

今考えると、付き合う前に、もっと深く考えるべきだったと反省しています。

しかし、その彼との交際を経験してからは、異性とも普通に接することができるようになり、男友達も出来たし、その後の恋愛に繋がる良い経験にもなったと感じています。

関連記事

偶然が重ならなかったら生まれなかった運命の恋!

これが運命の出会いなの?一目惚れ相手が彼氏から旦那、そして父親に。

偶然の出会いが欲しかった!ナンパされて疑心暗鬼からのスタート

猪突猛進で周りが見えなかった私が、180度変われた話

私だけの理想の彼氏をゲットできた理由とその経緯について

世界がバラ色に見える瞬間!被害妄想の私に彼氏ができた!