遠距離恋愛で会う時間を大切にできた。私が初めての彼氏と結婚した方法。

さとみさん

さとみさん
年代:30代
地域:滋賀県

必要がなかった

大学生になるまで、恋愛小説のような世界には憧れるものの、特に積極的に彼氏を作ろうとも思わず、
中学の部活後は毎日塾で忙しいし、高校は女子校だったので、いつか彼氏がほしいなと希望は抱きながらも
、理想だけが膨らみ、実際に憧れの人にアタックする勇気もなく、なんとなく過ごしていました。

周りの友人も、彼氏のいる人はあまりいなかったし、お互いに趣味や部活、習い事、塾などで忙しく、
彼氏がほしいという友達が少なかったので、私も同じように、あまり焦ることなく過ごしていました。

焦ってへんな男性に引っかかるよりは、いつか出会う素敵な人のために、
自分を大切にしておきたいという思いもあり、彼氏を急いでつくるより、
より良い大学に入るよう勉強に励んでいました。

大学に入学したから

目指していた大学に入り、なんとなく目標は達成したような安堵感
があったので、周りも彼氏をつくるようになったことが原因だと思います。

サークル活動をしていく中で、他の大学の人とも知り合うようになり
、年代も、今までは同級生とばかり会話をしていたのが、リーダーシップのある先輩や、
縁の下の力持ちのような安定感のある先輩など、今まで出会ったことのないタイプの方とも幅広く交流するようになり、
尊敬できる先輩への憧れが強くなり、恋愛感情に発展していったのだと思います。

周りの友人を見ていても、それまでは大学受験のために勉強ばかりしていて、恋愛どころではなかったけど、
大学入学後に彼氏を作るようになった人が多かったです。

サークル活動にて

共通の趣味を持っている人であれば、会話も自然と弾むので、大学でのサークル探しから始めました。

彼氏を探したいという思いもありましたが、共通の趣味で楽しめる友人や先輩後輩づくりを目的として入りました。

その中で、人の話にきちんと耳を傾けてくれる先輩が気になり、
あまり顔はタイプではなかったものの、話ているうちに自然体で気楽にいられることに気づき、
恋愛感情を抱くようになりました。

相手は大学院生で、あまりサークルには顔を出せなくなったり、
修論や就活が忙しくなり、なかなかサークルに行ったときに偶然会うことは少なかったのですが、
数少ないチャンスをモノにしようと、一緒にご飯や買い出しにグループで行くときに会話をするようにして、
知ってもらうようにしました。

遠距離恋愛で

付き合ってもらえるようになったのが、彼が就職が決まり、遠くに就職することも決まったときだったので、
付き合い始めから遠距離恋愛となってしまいましたが、なかなか会えない分、
テレビ電話やメールをこまめにしてみたり、二ヶ月に一度、どちらかが会いに行くという生活を続けました。

あまり会えないので、会ってるときにケンカをするのはもったいないので、
互いを大切に出来たし、私が就職をしてからも、5年間の遠距離恋愛を続けるのはしんどかったのですが、
互いにいずれは結婚を意識していたので、なんとか続けていけました。

それぞれの就職やトラブルのたびに、それなりに別れの危機はありましたが、
それでも電話やメールで気持ちを常に伝え合う中で、こまめに連絡を取り合うことで続けてこれたのではないかと思います。

関連記事

アメリカ留学で出会った彼。海を見ながら告白をされた結末

ついにできた!わたしにも彼氏ができる日がくるだなんて思ってもいませんでした!

自分磨きの努力が実を結んで・・。1年間の自分磨きを終えて彼氏作り解禁!

【職場恋愛】突然の恋愛のはじまり!

30歳からの恋愛で新しい自分へ生まれ変わる

メイクやファッションを変えて、友人に見下されないためにも彼氏を作ろうとしました。