自分らしくいれいる幸せ。激務の会社で見つけた公私とも支えになってくれる人。

さらさん

さらさん
年代:30代
地域:愛知県

就職してから毎日が仕事漬けの日々。恋愛よりも休息をしたかった。

大学2年から約5年間お付き合いしている彼がいましたが、社会人になってからすれ違いが続いて別れてしまいました。

繁忙期は終電に間に合わないような忙しい職場に勤めており、プライベートの充実というよりも、いかに早く帰って寝る時間を確保するかを考えるような生活をしていました。

休日も仕事が入り、肉体的にも精神的にも参っていました。

なので、その当時は恋愛をしたいとか彼がほしいとか思う機会はあまりなかったです。

休みの日は好きな俳優のドラマを見たり、好きな歌手の音楽を聴いたりして現実世界から逃避していました。

元々あまり恋愛体質ではないので、好きな人がいなければ彼はいなくていいかなと思っていました。

好きな人がいたら、生活に潤いが出るのかしら。

仕事に忙殺されている毎日を過ごしていましたが、年を重ねるにつれてなんだかんだ慣れていきました。

当時の職場は若手社員の割合が多かったので、よく結婚式や二次会に招待される機会がありました。

新郎新婦の幸せそうな姿に、私もきゅんと幸せな気分になったものです。

そして自然と少し遠ざかっていた恋に思いを馳せる機会が増えていきました。

漠然とした気持ちではありましたが、参列する度に感動して「私も素敵な人と出会って、いつか結婚したいな」と思うようになりました。

恋愛に対してそこまで積極的ではなかったので、何かのご縁で好きな人ができたらいいなくらいの思い入れでしたが、私にとっては前向きな気持ちになったターニングポイントでした。

一緒に頑張っていた同志が恋人に。

仕事以外で男性と話す機会があまりないことに気づき、まずは男性との接点を持つことが大切だと思いました。

会社の飲み会ではあまりお酌をして周るタイプでは無かったのですが、話す練習にもなるし誰か知り合いを紹介してくれるかもしれないというわずかな望みを抱いてビール瓶を持って突撃したものです。

またいつもは気が乗らなくて断っていた合コンに、声をかけてもらったら積極的に参加するようにしました。

(連絡先を交換した人もいましたが、結局進展なく終わりましたが。)

そんなこんなで仕事の繁忙期を迎え、激務で同僚と励ましあいながらなんとか乗り切っていたら、その同僚から告白されました。

相手は仕事ではとても頼りになる人でした。

今まで恋愛感情を持ってはいなかったけれど、人として尊敬していたので嬉しかったです。

友達からスタートした結果、お付き合いすることになりました。

自分らしくいられる幸せ。

性格が穏やかになって余裕が出て、生活に潤いが出ました。

社内恋愛なので、お互いの仕事について分かり合えることに救われました。

他の同僚に言えないような悩みも話せて、本当に精神的に支えてもらいました。

また仕事関係なく自然体で居られる相手なので、とっても気楽です。

私のくだらない話にもつきあってくれるし、私も相手のくだらない話につきあいますが、
それがお互いストレスにならないのも良いです。

背伸びしたり本音を隠さないといけない生活は私には無理だなとつくづく感じています。

たまにケンカもするけれど、大きなケンカにはなりません。

今は結婚して一緒に暮らしていますが、付き合い始めた頃とそこまで気持ちは変わっていないです。

関連記事

出会いは近くにある!昔の同級生と再会して恋人同士になりました!

【男性恐怖症の克服】母の死など辛い過去を乗り越え掴み取った幸せ

【恋愛がしたい!】私の生き方を変えてくれた初めての彼氏

幸をつかむ!消極的な自分から抜け出したことで彼氏ができました。

仕事一筋だった私。彼氏ができてからの方が全てがうまくいくように!

遊びの恋はもう終わり!ちゃんとした恋愛をしてみたかった。