わたしにもついに彼氏ができた!初めての彼氏が出来た時の思い出話!

さちさん

さちさん
年代:20代
地域:東京都

素敵な人がいなかったから、彼氏がいなかった。

彼氏が出来なかった理由としては、好きになるような人が周りにいなかったからです。

周りの人は、優しくて良い人ばかりでしたが、ミステリアスな雰囲気と他にもっと知りたいと感じられるような存在の男性がいなかったです。

なかなかこの人が素敵だなと感じる人が同級生などでいなかったです。

同級生は、特に精神年齢が低いように感じられてしまい、あまり好きになるようなチャンスがありませんでした。

魅力的な人がいないと恋をしようという気持ちにもなりませんし、無理に同級生を恋愛対象にみようとするのも違うなと思っていて、彼氏を無理に作るのを嫌だなという気持ちがありました。

そのため、彼氏がいないまま過ごしていました。

彼氏が欲しいのは、みんな幸せそうだから

彼氏が欲しいなと思ったのは、周りの女の子たちが彼氏を作り始めていて、凄く幸せそうだったからです。

彼氏のためにおしゃれをしたり、お化粧を頑張ったりしている姿を間近で見て、同性からみても素敵だなと思うようになりました。

キラキラして、本当に彼氏がいる前とは比べ物にはならないくらい、潜在的な魅力が開花されます。

こんなに女性を輝かせてくれる男性の力は、凄いなと思いました。

彼氏がいるだけで自信がつくし、不安な時や苛立った時も彼氏の存在がその状態を緩和してくれるような感じがして、安定した気持ちでいられるような感覚が穏やかな生活を過ごすのにとても良いなと思いました。

友達からの紹介で出会った彼氏

友達が中学生の時から仲良くしていた先輩がとても素敵で紹介してもらいました。

彼との出会いは、体育祭でふと見かけた姿です。

ふと見かけるといっても、体育祭で競技に取り組む姿勢がとてもキラキラしていて、私の頭は急に現れた彼でいっぱいでした。

なんか気になる存在で通りすがるだけでも心踊るような気分になりました。

そこから、いつも身近にいた女友達に相談してみたところ、知り合いだということが分かり、彼に許可を取ってもらってからアドレスをゲットして、連絡をするようになりました。

初めて会うときは、その友達も付き添ってもらって、徐々に二人で遊んだり、会うようになりました。

その後に彼から公園で告白されて、付き合うようになりました。

いつも守られてるような感覚

生活としては、彼氏中心の生活になりました。

毎日メールするし、メールの量としては、信じられないくらい1日やりとりしていたと思います。

彼のことが頭から離れることはない日々がずっと続いていくのだという気持ちでいました。

気持ちとしては、それだけのマメなやり取りをしても足りないくらい、電話もメールも必須項目としていました。

彼氏からは、いつも温かい言葉を貰えて、いつも支えてもらって、優しくしてもらって、イライラすることも少なくなり、心が温かくなり、人に対しても優しく接することができるようになりました。

いつも一緒にいるのに異性と話したり、メールをしているという事実が私としては、凄くつらくて、とにかく彼なしでは考えられないという気持ちでした。

関連記事

少女漫画のよう!男に無頓着な女が、女から女性に生まれ変わる物語!

恋愛に鈍感すぎて相手に苦労させすぎた恋愛の話

【人生初!】30歳で初めての彼氏

辛い恋を忘れたい!義兄を忘れるために自分磨きを頑張って彼氏を作った!

5年以上彼氏がいなかった恋愛下手な私が1週間で好きになった訳

【無理のない幸せ】自分で自分の気持ちを大切にすること