学生時代の恋愛観と社会に出てからの恋愛観

るるんちゃん

るるんちゃん
年代:20代
兵庫県

彼氏がいないのに強がる時期

高校の時からそれなりに付き合って別れてを繰り返しあとに残るような大きな恋愛をしてきませんでした。

簡単に付き合って簡単に別れて、出会いもあったのでそれが普通だと思っていました。

しかし高校卒業後、社会に出た私は女性が働くアパレルショップで服の販売の仕事に就職しました。

まさかここからいつも通りにいくと思っていませんでした。

まず朝早くに出勤して休憩も店のなか、終わるのはほぼ終電の時間。

休みの日は疲れて一日中寝てしまう、買い物に出ても不定休で友人と休みが合わないため一人で出かける、そんな日々が続き、会う人はいつも同じお店の女子メンバー。

こんな生活では出会いもないし彼氏ができない理由でもありました。

このままではフケてしまうと思った

まだ20歳代前半でこのままこの生活を続けてしまうと将来後悔をしてしまうと思いました。

どうにか抜け出すにはまず時間を作って友達を作ること。

でもできるならずっと一緒にいてくれる彼氏がほしいと思いました。

彼氏がいれば休みの日に一日中寝て過ごすこともなくなりますし、色んなところへ行って色んな思い出が作れる、最高の20代を過ごせると思いました。

休みの日に一日中寝ていないでメイクしておしゃれをして外に出る、これだけでずっと可愛く若くいれるんじゃないかと考えました。

彼氏がいないことでどんどん女の子じゃなくなっていくし魅力がなくなっていくことがとっても怖くなってきました。

簡単には見つからない

彼氏がほしいと思ってからは休みの日に一日中寝て過ごすことをやめ、積極的に外へ出てなるべく休みを合わせて友達と遊ぶようにしました。

友達の彼氏がいるところへ一緒に遊びにいったり、または友達の彼氏が働いている居酒屋をご飯を食べに行ったり、まず最初は紹介してもらえるような環境を作りました。

維持でも彼氏がほしいと言えなかった最初の頃と比べてそのときは積極的に友達に彼氏がほしい、彼氏がいたらこんなことできるよねなど彼氏がほしいアピールをたくさんしました。

何度か紹介などをしてもらえるようになったのですが、やはり高校のときとは違い簡単に付き合ってということが難しくなりました。

社会に入って色々価値観が変わってきたのだと思いました。

やっとできた彼氏

何度も何度も紹介してもらいやっと素敵な人に出会えました。

彼は誠実でしっかりとした会社の正社員、何も不満もなく趣味も価値観も合っていて一緒にいるだけで本当に幸せでした。

もちろん休みの日に一日中寝て過ごすことはなくなり毎回休みを合わせてくれ、色々なところに連れ出してくれました。

おしゃれなど外見には何も言われなかったですが少しでも彼の気持ちを離さないように努力をたくさんしました。

ダイエット、エステ、トレーニング、これを続けていけたのは彼のおかげです。

仕事も驚くほどうまくいき給料もアップし全てにおいてプラスになりました。

彼氏ができたことでこんなに気持ちがあがっていくと思わなかったので恋愛は本当に大事だと改めて思いました。

関連記事

【同性愛者】女の子同士のなにがいけない?でも知らぬ間にひとりぼっち

素直に生きていることが一番大切!運気も流れも変えるのは自分次第!

押してダメなら引いてみろ!追い続けて、やっと振り向かせた理想の人

わたしにもついに彼氏ができた!初めての彼氏が出来た時の思い出話!

新しいパートナーを探そう!ネット婚活でも素敵な出会いはあります。

彼氏がいなくて将来が不安!積極的に出会いを探して笑顔の毎日に