【中学生の乙女事情】素直にならなきゃ。中学時代の初めての恋の話。

るーさん

るーさん
年代:20代
地域:愛知県

彼氏ってなんだろう?

私が中学に入学したばかりのころは、同学年にはまだカップルなんてものが殆どいませんでした。

特に私のいた小学校から来たメンバーの中には、

今ではよく聞く小学生カップルなんかも全くいなかったのでいろいろな小学校から集まった新しい友達と仲良くなることに全力で恋愛のことなんて頭にありませんでした。

もちろん隣の小学校から入学してき他友達の中には少ないながら、

「あの子たちは付き合っている」とか「別れたばかりなんだよ」

なんて話も聞きましたが軽く流してしまうような未知の世界です。

そんな私に彼氏云々の思考回路が通じるわけもなく、

なぜ彼氏がいないかという前提自体が私の生活には無縁のものだったのです。

中学生の乙女事情

入学して新しい友達とお互いのことを知り合うためにいろいろな話をしました。趣味、流行っていたこと、

部活は何にするか…。そんなやり取りの中に自分にとっては全く未知とはいえ必ず出てくる話題が

「学校の男子の中でだれがカッコいいと思う?」という女子定番の話題でした。

付き合うということには縁のない私でもこの話題だけは小学校のころから経験済みです。

好きという感情とは別に「○○君がカコイイなー」と思うくらいの気持ちはありました。

そして1つ大人の階段を上った気分になっている女子中学生達にとって、

それを恋愛に繋げることなんて簡単なことだったのです。

つもりはなくても日に日に漠然と、付き合うってどんな感じだろう。

彼氏がいたら楽しいのかな。と考えるようになりました。

出会いはまるでドラマのように

恋愛を意識したとはいえいきなり相手が見つかるわけではありません。

でも私には一人だけ、入学早々から目に入っている彼がいました。

毎朝大体登校時間が一緒の彼。クラスはA組とC組なので名前も分かりません。

私がつい見てしまっていたのか、向こうも気にしてくれていたのか、毎朝目が合うだけの関係でした。

そんな私たちの関係が急展開したのは初めての委員会でした。

私は小学校の頃から学級委員をやったりするタイプで、中学でも友達の推薦で委員に入ることに。

放課後初めての委員会活動のため教室を移動すると、なんとその部屋に彼もいたのです。

お互い顔はよく知っているので思わず目が点でした。だけど1つきっかけができてからの進展はあっという間でした。

朝は目を合わせるだけでなく「おはよう」言えるようになったし、

休み時間は廊下で出くわすたび通りすがりに頭をポンッとたたかれたり、

むしろそのじゃれ合いのために休憩時間をわざわざ廊下で過ごしていた気もします。

そんなことを毎日していたので私達2人が両思いなのは周りから見ても一目瞭然でした。

彼はお姉さんがいる関係で3年生からもよく声をかけられていました。

そして彼のお姉さんと私の部活の先輩の仲が良かったこともあり、

私たちの中の良さは3年生まで知れ渡っていました。

同学年の友達が暗黙の了解で私たちを見守るのと違って先輩たちは大胆です。

「今日もなかよしだねー」なんてどんどん声をかけてきます。

相手が先輩なので強く言い返すこともできず、ただただ赤面の日々でした。

でもその甲斐あってか、耐えきれなくなった彼が告白してくれて私たちはお付き合いを始めることになりました。

毎日ルンルン♪

ルンルンって古いですよね。でもまさしく、毎日ルンルンです。

今までは学校で会うだけだった彼の部活をためらいなく待てるようになりました。

いざ部活が終わって二人きりで帰るとなると思わず沈黙してしまったり、

繋ぎたいけど中々繋げない行き場を失った右手がフラフラしていたり。

それが時間を重ねて自然と繋げるようになった日にはまた一段と浮かれていたように思います。

その頃まだ携帯を持っていなかったので連絡を取れるのは一緒に帰る分かれ道まででした。

次の日も、その次の日も、なんなら休日だってお互い部活で学校に来るので顔は合わせられるのに、

それでも名残惜しかったのを覚えています。

これは初恋の思い出なので他の恋愛よりも一段とキラキラした印象が残っているかもしれません。

だけど私の彼氏ができるまでの時間はとっても幸せなものでした。

関連記事

忙しさのあまりに、マンネリ化していた生活がいつの間にか・・。

【漫画女子必見】やっぱり現実の恋が一番トキメキを感じたこと

根暗な私、本来の自分をさらけ出してみた 

【SNSで出会う彼】条件から入るのではなく、直接接してみたら恋人になれた

【友に恵まれた私】友達のおかげで奥手な私が彼氏を作れるまで。

【婚活での出会い】自分磨きをして、私の彼氏探しという名の旦那探し!