偶然は運命!ただの食事会から彼氏が出来るとは思わなかった。

りーちゃん

りーちゃん
年代:30代
地域:岡山県

新しい出会いが全然ない

当時彼氏がいなかった理由としては、ただ単純に出会いがなかったというのがあげられると思います。

仕事をしてそのまま家に帰るという毎日を過ごしており、会社外の人との出会いはほぼ皆無という状態でした。

会社内に少しでも素敵な人や好きだと思えるような人がいればまだ良かったのでしょうが、社内の男性はすでに結婚していたり、彼女がいたりとなかなか良い男性はいませんでした。

社内の同僚に紹介してもらいたくても、基本的に忙しい部署だったため飲み会を開くのもままならない状態で、そうした状況もあって新しい出会いを求めるというのはなかなか難しい状態でした。

自分自身も彼氏が欲しいと思ってはいたものの、疲れきって体を休めたいという気持ちがあったのも確かです。

疲れを癒してくれる存在が欲しい

やはり私もまだ20代前半という若い頃でしたから、彼氏が欲しいとは常々思っていました。

疲れ切った平日を癒してくれるような彼氏の存在が欲しいと思いましたし、休日は思い切り外へ出てデートがしたいとも思っていました。

日々忙しくしていると自分がどこへ向かっているのかわからなくなることもあり、もし彼氏がいたらそのまま上手くいけばゆくゆくは結婚という目的が達成できるかもしれません。

自分がどこへ向かって過ごしているかがわからなく、そして漠然とした不安を持っていたため、彼氏がいれば生きている目標や将来への安心感などが持てるんじゃないかと思いました。

自分という存在を受け入れて、認めてくれるような存在が欲しかったのかもしれません。

偶然の誘いから良い人が見つかった

彼氏のいない生活をおそらく1年くらい過ごしていたと思うのですが、その1年の間に友達には彼氏が出来たり、結婚し始める子も出てきました。

そうなると正直気持ちとしては穏やかではありません。やはり日に日に彼氏が欲しいという気持ちが高まっていきました。

そんな頃、たまたま友人からご飯を食べに行こうと誘われました。

仕事が終わった後急に誘われ、そこに行くと男性が一緒に来ていました。

どうやら友人は私に男性を紹介しようと思っていたようです。

本当に偶然の誘いから気になる存在への変わり、あれよあれよという間に彼氏という存在になりました。

ご飯を食べに行くというなんてことない出来事から、まさかこんなことになるとは思いもしませんでした。

気持ちが前向きになった

彼氏が出来たことによって、自分という存在を認めて、当たり前のように受け入れてくれる存在が出来、自分にも自信を持って前向きに過ごせるようになったと思います。

ただやみくもに毎日を過ごしていた時とは違い、ぼんやりとゆくゆくは結婚するのかな、なんてことも考えるようになり、自分の将来に対してしっかりと向き合う姿勢が出来たような気がします。

気持ちが前向きになって自信を持って過ごせるようになりましたし、おそらく周囲から見ても明るくなったなと思われていたと思います。

彼氏がいることで日々楽しく過ごせるようになりましたし、周囲の人へ感じていたうらやましいという気持ちなどが薄れていったと思います。

色んな意味で自分が成長出来た出来事だったと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイトから始まった恋!年下の男子との内緒の恋愛!

彼氏が欲しい!心を開くと幸せがやってきた体験談

彼氏が欲しいと思ってからすぐに彼氏が出来た方法

今までまともな恋愛ができなかった私がついに手にした理想の恋愛!

わたしにもついに彼氏ができた!初めての彼氏が出来た時の思い出話!

自分磨きの努力が実を結んで・・。1年間の自分磨きを終えて彼氏作り解禁!