彼氏のいる生活。自分を見つめ直したことでやっと掴めた幸せ!

大阪在住のリーさん

大阪在住のリーさん
年代:30代
地域:大阪府

愚痴が多い

彼氏がいなかった理由は、私の性格だと思います。

とにかく、愚痴や文句が多かった私。

付き合っても口から出てくるのは仕事の愚痴や気に入らないことへの文句でした。

そりゃ当然、彼氏は一緒にいても楽しくないどころか疲れてしまいますよね。

私の外見は至って普通です。

でもそこに少しでも輝きを持たそうと、自分なりに身だしなみには気を付けていました。

あまり太らないように、化粧はするけどあまりケバくなりすぎないようになど、それなりに努力をしていました。

でもそうじゃなかったんですよね。

もちろん外見の気遣いも大事ですが、もっと大事なのは中身。

その事に気づくのに時間はかかりましたが、やんわりとそれを気づかせてくれた過去の彼氏には感謝しています。

恋愛って相手のことを思う前に、まずは自分自身を思う必要があるんですね。

アラサーまでのカウントダウン

30歳の大台に乗るまで、カウントダウンが始まっていました。

周りは結婚や出産をする人も増え、妹にも先を越された私。

周りからも、あなたはまだかまだかと聞かれてばかりでした。

焦るばかりの日々です。

結婚の2文字が無言で私に迫ってきていました。

結婚がしたい。

私も幸せな家庭を築きたい。

でもその為には、まずは彼氏を見つけなくては。

でも焦りは禁物。

空回りして見苦しいだけ。

そこから冷静を装いつつも、私の彼氏ハントが始まりました。

高望みはしません。

ただ楽しい時間を共有したい。

色んなところに行って、思い出を作りたい。

一緒に美味しいものを食べたい。

そんな思いから、彼氏を求めるようになりました。

婚活デビュー

すでに20代後半だったので、冷静に考えて自然な出会いはなかなかないかなぁと判断しました。

以前職場の人と付き合っていて最後に辛い思いをしたことから、社内恋愛に対しては拒絶反応が出ていました。

かといって、仕事上で外部の人と出会うことも職業柄ありませんでした。

友達からの紹介も、もうだいたいの友達の男友達は結婚してるし、もし上手く行かなかったら友達にも悪いなぁと思いました。

ならもう婚活パーティーに行くしかない。

できれば運命の出会いをしたいけど、もうそんな悠長なこと言ってられないので、夢は諦めました。

婚活パーティーでは本当にたくさんの人と出会いました。

色んな性格の人、色んな職業の人。

彼氏探しだけでなく、とても刺激を頂く機会にもなりました。

やっと…

彼氏ができて、まずは安心できるようになりました。

何と言うか、心のお守りと言うか…。

辛いことがあっても、この人が一緒にいてくれると思うと、自然と安心感が生まれてきました。

また心に余裕を持てるようになりました。

「私には今彼氏がいる」ということは、本当に仲の良い友達にしか言ってませんでしたが、嫌なことがあってもその陰の心のお守りが反応してくれ、私を冷静にさせてくれました。

そのことでその嫌なことも、無言で流せるようになり、自然と余裕のある行動が取れるようになりました。

あとはさらに自分に自信が持てるようになったのも、変化の一つです。

自分に自信を持てたことで、自然と笑顔も増え人の痛みもわかるような人間になった気がします。

関連記事

仕事とプライベート!プライベートが充実した方がずっと幸せ!

NO IMAGE

仕事も恋人探しも自分で動き出さないと始まらないよ

最終的には結果オーライ!勘違いから始まる恋。

恋愛に興味が薄れた時にこそ良い相手が現れる

結婚した今も絶賛ラブラブ中!彼氏を作りたくて必死になっていた20代の私。

キラキラの生活に変わる!私の昔懐かしい高校であった青春時代の思い出。