【本音】体型も服装も気にしなかった自分が「可愛い」と言ってもらいたくて…

らのさん

らのさん
年代:30代
地域:大阪

「男は浮気する生き物」と決めつけて遠ざかっていた

本文:最初に彼氏ができたのは、19歳の頃です。

それまでは「良いな」と思う男性がいても、自分からアプローチすることはほとんどありませんでした。

テレビなどのメディアでたびたび「夫、彼氏の浮気に悩む女性」が取り上げられていて、無意識に「男は浮気するもの」と半ば信じてしまっていました。

浮気なんて論外、友達が他の友達と仲良くしているのにも嫉妬してしまう独占欲の強い私にとって、

好きになって親密になるほど絶対に傷つけられると、むしろ周囲の男性を最初から軽蔑していました。

高校生の時もバイト先で年配の女性陣から「男は上半身と下半身が別の意思を持ってるからね」などと聞かされていて、男は信用できない、

彼氏なんて一生いらないとさえ思っていたので、彼氏ができなかったのも当然かもしれません。

付き合いたい人ができて変わった気持ち

本文:自分に彼氏ができた状態が想像できなかったので、彼氏が欲しい、と明確に思ったことはありませんでしたが、

好きな人が出来て「この人と親密になりたい、付き合いたい」と思うようになりました。

その人以外なら彼氏がもしできたとしても、意味がないという感じでした。

姉や友達に次々に彼氏ができて、「あなたも彼氏作りなよ」と、

まるで私も彼氏が欲しい前提でよく諭されましたが、

相手の浮気に悩んだり着ていく服を買うお金を稼ぐのに苦労していたりする姿を見て、

できても大変なんだなと思っていたのもあります。

でも個人的に親密になりたくなる男性ができる気持ちは理解できました。

話せば話すほどもっと彼を知りたくなって、彼氏になってくれたら夢のように幸せだなぁと、

だんだん素直に願うようになりました。

バイト先でいつの間にか見つけていた出会い

本文:私が最初に彼氏となる人をみつけたのは19歳の頃、大学が休みの曜日に行っていたバイト先でのことです。

当時付き合いたいと思っていた人に失恋した直後で、彼氏が欲しいとも思っていなかったので、

職場の彼についても特に気にしていませんでした。

一生彼氏ができることも、結婚相手ができることもなくてもいいと思うほど初めての失恋に傷ついていました。

バイト先に後から社員候補として入社してきた彼は二歳年上で、優しい話し方が、

今まで私の周囲の男性にはない雰囲気の人でした。

彼と仕事で話しているうち、彼といるときはとても自分が自然な状態で、リラックスしていることに気が付きました。

そして彼にいつの間にか魅かれていることに気付き、ドキドキするようになり、

彼氏になってほしいなと思っていた矢先、思いが通じたのかデートに誘われ、付き合うようになりました。

彼氏ができて身の回りを気にし始めた

本文:初めて彼氏ができて、私の価値観は一変しました。

それまでは身だしなみなどは二の次で、自分が今したいこと、徹夜でDVDをみたい、

深夜であろうとお菓子を食べたい、などを最優先に生きていました。

肌が荒れようと太ろうと、友達から恰好がダサいと言われようと気にせずマイペースに生きていましたが、

彼氏に申し訳ないと思うようになりました。

もっと愛されたい、可愛いと言われたい気持ちが芽生えて、部屋もファッション誌が増えたり、

髪型から気持から環境まで変わりました。

友達も彼氏の悩みを気兼ねなく話せる、同じく彼氏持ちの子が増えて、

趣味でのみ繋がっていた子とは疎遠になりました。

常に体重を意識するようになったのは、食べることが趣味な自分にはつらいことでしたが、

それ以上に彼に可愛いと言ってもらえる瞬間が嬉しくなりました。

関連記事

私は落ち込んでいた時に支えてくれた人が彼氏になりました。

持つべきものは友達!ずっと友達だった彼と付き合うことになりました!

欲しいと思ったときに彼氏はできないという言葉はその通りでした。

時間なんて関係ない!苦しかった日々よさようなら

胸キュンの告白!彼氏なんていらないと思っていた時に現れた王子様。

30代にしてやっと彼氏ができて、自分の人生がバラ色です。