私は落ち込んでいた時に支えてくれた人が彼氏になりました。

ぷりんだいすきさん

ぷりんだいすきさん
年代:30代
地域:東京都

うつ状態で彼氏を作る気分なんて全くありませんでした。

私は当時、仕事で人間関係に悩んで、うつ状態に陥っていました。

一人暮らしをしていましたが、実家に帰って休養をとることになりました。

実家では精神科と家の往復のみであとは寝たきりの日々が続いていました。

そんな時に、妹からまだ当時はガラケーだったのですが、「このサイトがお勧めだよ」と教えてもらい、SNSをはじめました。

私は今までSNSに興味がなく全くやってこなかったのですが、気持ちを晴らすように、始めてみました。

そこで、今自分が悩んでいることやどうすればいいか迷っていることを相談することができる投稿欄があって、そこに投稿してみました。

その時は彼氏を作ろうなんて言う気分には全く慣れていませんでした。” “少しでも自分の気持ちが晴れるのであればと思ったのが理由でした。

私が彼氏がほしいと思った理由は、SNSでコミュニケーションをとっていく中で、少しでも気持ちが上向きになれるようならと思っていたからです。

幸いにも私が投降したSNSでは、同じような境遇の人や色々な人との交流をすることが出来、面と向かってではありませんでしたが、自分の気持ちが安らぐようになりました。

何回か色々な人とやり取りをしているなかで、一番話が通じて気の合うような友人が一人できました。

その方は私よりも一つ上で同じ年代だったことと、気持ちを分かり合えるというところから、だんだんと自然に好意を持つようになりました。

まだその時点では彼氏とかという気持ちにはなっていませんでしたが、だんだんこの人良いな、と思うようになりました。

SNSで見つけました。

私は今までやり取りをしていたSNS上の人と、実際にお互いの連絡先を交換してみました。

始めはとても不安でそんなこと経験したことがなかったので怖かったのですが、同じような境遇だったという事もあって、あってみたいな、と思いました。

幸いにも実家からそこまで遠くなかったので、電車で会いに行けるくらいの場所でした。

なので私が薬を飲んでだいぶ良くなったときに、自分の足で待ち合わせ場所に会いに行きました。

その時のことはとても良く覚えています。

とても不安でしたが、あってみてとても癒されたので、鮮明に覚えています

そしてその方とお付き合いを始めるようになった、というのが私が彼氏を見つけるまでのいきさつです。

とても毎日が生き生きして、女性ホルモンがアップした気がします。

もともとうつ状態だったのがここまで変わるのか!というくらい、変化しました。

私の場合は人間関係で鬱状態に陥ってしまったので、その人間関係を忘れさせてくれるような人間に会えたことがとても支えになったのだと思います。

毎日が充実して、とても幸せな気分でした。

さらに、友人から「彼氏できた?」と言われるくらい、外見が変わりました。

今まで全く外見を気にしなかった私が、ここまでという位女性らしい恰好をして彼氏に気に入ってもらえるようにしようとしていたんです。

自分でも頑張っているな、という事を感じるほどでした。

それでも気持ちは上向きのまま、毎日がハッピーで仕方ありませんでした。

関連記事

寂しさからの脱出!私が彼氏を見つけるまでの道のり。

【自分磨きの恋愛】仕事一筋だった私が大変身をとげている恋愛です。

男性を意識し過ぎてしまい彼氏が出来なかった私に彼氏ができた方法とは。

恋愛に慎重な私の迷走?男性恐怖症が幸せな恋をみつけた!

女になったわたし!告白する私から告白される私に変わる瞬間。

【婚活での出会い】自分磨きをして、私の彼氏探しという名の旦那探し!