いい人を探すより自分がいいひとになる努力が大事

ぽんたこんさん

ぽんたこんさん
年代:40代
兵庫県

生きているだけで精一杯

一人で暮らして税金払ってしかも非正規社員でしたので生きてるだけで私はがんばっているとおもってました。

同僚との付き合いも会社以外では一切しませんでした。

人間関係のトラブルが嫌でともかく人付き合いをさけていました。

家賃払って食費、交通費を払ううと誰かとランチに行くお金さえのこりませんでした。

当然出会いなんて生まれません。

自分でもそれでいいと思ってました。

人間関係が煩わしい、彼氏が欲しいとは微塵も思いませんでした。

生きてるだけで充分、それ以上は高望みと本気でおもってました。

化粧も最低限に抑えて、服装も地味で毎日同じような服ばかり、化粧直しすらしてませんでした。

そんな私ですから唯一の男性との接点である会社の同僚にも軽くあしらわれていました。

彼氏はいらない、結婚してやる!

彼が欲しいとはおもったことはありません。

親戚や親に「結婚は?」「お付き合いしてる相手もいないのーないよそれ」と何度言われたことか。

人の顔見るたびに毎回同じこと言いやがって、しかも何人も言ってくる。

そのたびうちの親が「そうなんです、誰かいませんか」「この子は何をやってもダメで〜」

はらわた煮えくり返る怒りを感じました。

それが十年以上続いたわけです。

じゃあ結婚すればいいんだろ!てなりました。

でも彼氏はいらない。

せっかくの休みの日を彼のためになんか使いたくない、

一緒にいて楽しい人ではなく、一緒に暮らしてもお互いをほっとく人を探そうと思いました。

家族じゃなくて籍をいれた同居人を作ろう!

探し物は自分では見つけられなもの

私は非正規社員職場を転々としてました。

職業のキャリアとしては超マイナスです。

雇ってくれる会社もどんどん減っていきました。

会社ですから仕事で認められないと人として好意は持ってくれないだろうと必死でした。

だからとりあえず仕事でまず成果を出そうと思い、何とか食らいついてました。

私ができる仕事は誰でもできるような簡単なものです、完璧にできたところで業務評価なんてあがりません。

私の今までの面倒なことは避ける、仕事も、人間関係も全て。

結局はそのツケが全部まわってきたのです。

苦しいですがやるしかありませんでした。

しかし本気で努力していると誰か一人は必ず認めてくれる人がいます。

今までの会社でもいたかもしれません、私は気付けませんでした。

当然です、本当は周りの人を信頼してませんでしたから。

仕事慣れてきたころ告白されました。

彼のち旦那=しあわせ?

付き合いだしてすぐ同棲、私は仕事を辞めました。

そして結婚、妊娠、子供は二人。

そんなわけございません。

彼は仕事を転々としてます、私の方が仕事が長続きするようになりました。

二人して非正規職員になりました、結婚なんて無理です。

結局、私は結婚できる人より一緒にいて楽しい人にたどり着きました。

たどり着いてしまいましたが正しいでしょうか。

三年位同棲してますが、楽しいこともありますが同じぐらい嫌なこともあります。

同棲でこんな状態ですから結婚願望はなくなりました。

妹は結婚して子供ふたりおりますが、入籍前に一緒に住まなくてよかったと申してます。

彼が欲しいと思っていたころはスーパーで彼と一緒に買い物している女性をみると妬んだり馬鹿にされてる気持ちになりました。

今は私は二人で買い物行きますが全くそんなことは思ってません。

あの頃の自分は相当歪んでました。

それに気づけたことが彼ができてよかったことでしょうか。

それと猫派でしたが犬も好きになれたことですね。

いやでも料理洗濯家事は上手くなります。

ずっと一緒だよと彼は言ってます、私もそう思ってます。

関連記事

彼氏を作るにはタイミングとチャンスは逃さない事が大事

自然な流れで結婚。大事な人は身近にいるもの。同郷の絆は深い。

【マル秘】彼氏獲得までの道のりは、自分獲得への道のり

【体験談】私に彼氏ができるまでの流れとある恥ずかしいエピソード

【自然体でいられる幸せ】恋愛で一番大事なのは一歩前にすすむ勇気。

高速バスで会いに来てくれる彼!とても自分を大事にしてくれた遠距離恋愛時代の彼氏の...