まさかこの人と?!学生だった私とバンドマンだった旦那が出逢うまで

ぽんきちさん

ぽんきちさん
年代:20代
地域:大阪府

男性恐怖心?!

私はその頃19歳で専門学校に通う学生でした。

その当時同じ専門学校の2歳年上の先輩と付き合っていました。

しかし、その先輩、とても女好きだったのです。私と同時進行で後輩の女の子とも付き合っていました。

そのことを後々知ってしまった私はとてもショックで、同じ階でその先輩と出くわす度に怒りや嫉妬、悲しみにくれていました。

二股されていたので当然すぐに別れたのですが、その頃から男性恐怖心になりました。

男性はだいたいみんな浮気や二股をするもんだと思ってしまったので、純粋に人を好きになれず、彼氏ももう当分いらない。

そう思っていました。学生だったので、同じクラスなどに男友達はいましたが、彼氏や好きな人をつくるのは、もうこりごりで勉強を必死に頑張っていました。

もう彼氏なんていらない

その頃の私はもう二度と恋愛で傷つきたくなくて、臆病になっていました。

好きになって最後に悲しむぐらいなら、初めから人を本気で好きになるのはやめよう。

そんな風に思っていました。周りの友達は年頃だったので、合コンや友達の紹介で知り合った人と付き合ったりしている子が多かったのですが、私は合コンも行かず男性との出会いの場は遠ざけていました。

しかし、バイトだけはしたいと思っていたので、居酒屋やアパレルなど興味のあるところでのお仕事はたくさんやってきました。

なので、バイト先での先輩や同僚とは仲良くさせていただきました。

優しい人もたくさんいたので、仕事を通しながらこの人素敵だなと思う気持ちは少なからずあったように思います。

まさかこんなところで?!

家から近い近所の創作居酒屋で働いていた事もありました。

昔からある小さな居酒屋でバイト募集をしていたので、小遣い稼ぎのため働くことにしました。

そこで働いている人は私を入れても5人だけでした。

シフト制なので、毎日店長1人とバイト2人という小規模な居酒屋さんでした。

そこで運命の人、のちの旦那と出逢いました。

まさかこんな家から近い近所の居酒屋さんで、将来の旦那さんと出逢うなんて夢にも思っていなかったので、人との出逢いは本当にどんなことがあるかわからないものだなぁと改めて思います。

思い返してみると、彼氏を探しているときはなかなか出会えないのに、別れた後や、傷心したときはいい出会いがあるものなんだなとも思いました。

生活も一転、彼氏一筋に変わってしまった

そのバイト先でのちの旦那と出逢い、バイトを辞めた後から私達は付き合うようになりました。

年齢差も結構ありましたが当時はそこまで気にならず、年上の彼が大人に見え、学生の私は舞い上がっていました。

ほぼ毎日のように会っていたので、私の学校が終わる頃に門のところまで迎えにきてくれたり、私の担任と彼と一緒に食事に行ったりと彼はすんなり私の生活へ入ってきてくれました。

それまで、学業が大切で夢があった私はその頃就活をしていましたが、彼ができたことで少し疎かになってしまったように感じます。

大好きだったので半同棲のようになり合鍵をもらい舞い上がって、無断で学校を休むこともありました。

今思えば、好きな人と付き合えて嬉しくて青春を謳歌していたんだなぁと懐かしく思う反面、行きたかった専門学校に通わせてくれたのに、彼氏と遊んでばかりで親不孝だったなぁと両親へは少しごめんなさいという気持ちもあります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカ留学で出会った彼。海を見ながら告白をされた結末

ダラダラする生活とはさようなら。私生活に対する不満足を彼氏という存在で埋めよう。

探してみれば、意外と理想の相手は見つかるものだと実感しました。

1番軽い気持ちで付き合った人なのにいつのまにか私の大切なひとに

落ち込んで、恋愛に億劫になっていた私がすぐに彼氏ができた話。

王道の手段!紹介で、私が20歳にして初めての恋を知るまで