あまり意識していない時の方が彼氏ができやすい

ぽめらにあんさん

ぽめらにあんさん
年代:40代
地域:埼玉県

離婚の後遺症があった

当時、彼氏がいなかった理由は単純なことです。

一度、結婚をしたことがあるのですが離婚してしまったからです。

結婚はもう懲り懲りだと思っていました。

もちろん、結婚を視野にいれることなく、ただ異性とお付き合いをするだけということもできます。

しかし、年齢的に異性とお付き合いをすると、必然的に結婚前提と相手も私も意識してしまうような気がしたのです。

軽く異性とお付き合いをするという気持ちにもなれず、それだったら別に彼氏は要らない、もう結婚はしなくてもいいという気持ちになってしまいました。

周りからはまだ若いのだから彼氏を作ったり、再婚したりするのもいいのではないかと言われましたが、しばらくはかたくなにお誘いを断っていたのです。

寂しい気持ちが湧いてきた

彼氏は要らない、再婚はしたくないと思っていた私ですが、だんだんと寂しさが募ってきました。

それだけ離婚から時間も経ち、傷も癒えてきたのでしょう。

それに周りの同年代の友人たちは結婚しています。

子どもの居る人も多く、独身者でも彼氏の居る人は少なくありません。

そうなってくると、ちょっと彼氏を作るのもいいかもしれないと思うようになったのです。

しかし、特に焦ることはありませんでした。

無理に探す必要もないと思っていたからです。

ただ友人と時間が合わない時など、一緒に居てくれる人が居るといいなという気持ちでした。

そんな軽い気持ちだったのです。

そのため、積極的に合コンや飲み会に参加するということもありませんでした。

のほほんとしていたら見つかった

彼氏ができたらいいなと漠然とは思っていたものの、そのために行動に移すこともなかったので出会いの場はありません。

のほほんと過ごしていました。

しかし、ガツガツしていなかったのが良かったのかもしれません。

ある時、友達と訪れたイベントで異性と出会う機会があったのです。

ただ同じイベントを楽しむ仲間という気持ちで接しました。

イベントはとても盛り上がり、楽しかったことを覚えています。

その時は連絡先を交換しませんでした。

しかし、同じようなイベントが開催された時、またその異性と再会したのです。

あちらも同じメンバーで参加していました。

そこから自然とグループ交際のようになり、同じようなイベントがあれば一緒に参加するようになりました。

自然なところが良かった

ガツガツすることなく自然な形でカップルになったこともあり、気を遣うこともありません。

それに離婚歴があることも最初から隠していなかったので、お互いにざっくばらんに話をしています。

そんな関係が良かったのでしょう。

どちらからともなく結婚の話をすることもありません。

結婚に急ぐこともありません。

今はとても和やかにお互いの共通趣味を一緒に楽しんでいます。

共通の趣味があるというのはとても居心地がいいものです。

また出会いの場となったようなイベントが開催された時には、一緒に出掛けるつもりです。

しばらくはお互いに今の関係を楽しめているので、結婚まで考えることはないと思います。

これもまた自然の流れでいこうと思っています。

関連記事

死ぬまで一緒にいたい人!ようやく見つけた、出会うべくして出会った運命の相手。

【バツイチの恋】いくつになっても、やっぱり恋愛至上主義でした

今は本当に幸せです!離婚を経てようやく出会えたと思った彼でした!

【シングルマザーでの恋愛】臆病になっていた私が恋愛ができた

ガツガツしていない方が運命的な出会いに恵まれる

元彼とは真逆のタイプを厳選した結果、優しい人を発見