25年間彼氏ができなかった私が1人の親友の存在で人生に春が来た!

ぴっぴちゃん

ぴっぴちゃん
年代:30代
地域:静岡県

異性と話すのが苦手で臆病な自分

私は彼氏は欲しいと思いながらも中学の頃はとても地味で人と話すのが苦手でした。

高校に入ればそれなりに恋愛できるかな?とも思っていましたが、高校も女子校に入ってしまい、周りの友人たちも彼氏がいなかったので紹介してもらうというのも殆どない状態でした。

高校生の時に一度男性を紹介してもらえる機会があったのですが、メールでやり取りしている時にお相手の男性のアピールの強さについていけなかったのとメールだけのやり取りだったので会いたいと言われても中々会う勇気が持てませんでした。

大学に進学して男性も多かったのですが、やはり今までの経緯で自分に自信が持てずかつ臆病で中々自分から男性に近づく勇気が持てませんでした。

彼氏という存在への理想

学生の頃は漫画やアニメを見る機会が多かったのでやはり彼氏に対する憧れが強かったので中学生の頃には彼氏が欲しいなと思っていました。

中学はまだ周りに彼氏がいない子も多かったのですが、高校に入ると少しずつ彼氏ができた友人もいて、その子たちの話を聞いてるとやはり彼氏が欲しいとより思うようになりました。

ベタですが、ディズニーに行ったり、学校の帰りに待ち合わせて一緒に帰ったり、、、漫画の影響もあってか、そういう理想のデートがしたいなという気持ちも強かったので彼氏が欲しいと思っていました。

また、彼氏がいる友人と自分に彼氏ができたらダブルデートもしてみたいという憧れもありました。

ある友人をきっかけに出会いが多くなった

彼氏が欲しいという理想は常にありましたが、結局学生時代に彼氏ができるという事はなく、自分はこのまま誰とも付き合う事ができないんじゃないかと不安に思うことも多かったでした。

そんな時、5年ぐらい働いていた職場の近くのお店に綺麗だな?って思っていた女の子がいて、ひょんなことからその子と仲良くなりました。

その後はやはり美人なだけあって恋愛経験も豊富で、合コンの話が絶え間なく入ってくるような子でした。

その子と仲良くなった事で私を合コンに誘ってくれたり、私が彼氏欲しいのも知っていたので男の子と会ったりして私に合いそうな人を見つけたら紹介しようか?と声をかけてくれたりしました。

私も今までみたいに臆病な自分のままでは彼氏ができないと思い、紹介を受け入れ、男性と積極的に会うようになり、それから男性との話し方も自然に身につき今までの出会いがなかったのが嘘かのように出会いも増え、念願の彼氏ができました。

LINEがくるだけでも嬉しい

彼氏ができて毎日本当に楽しくなりました。

LINEがなるだけでもご機嫌になりましたし、LINEとか面倒なタイプなのですが、返信するのが楽しかったです。

ただ、その分今まで来てた連絡が来なかったり回数が減ったりすると不安になる事も多く、なんで連絡こないんだろとイライラすることも多々ありました。

今まで彼氏がいなくてもつまらないなぁとは思ってもあまり情緒不安定にはならなかったのですが、彼氏ができて気分にムラがある日が増えてしまったかなと思います。

彼氏ができたら楽しいことばかりと勝手に理想を抱いていたので、現実とのギャップに疲れたりもしました。

もちろん嫌な事もありますが、お休みの日は必ず予定ができたり彼氏中心の生活にはなりますが楽しいことの方が多くなりました。

関連記事

自分には、何も無いと思っていた私が、今彼氏ができて、こうなっていた。

【ひと回り年上の彼氏】思ってもいなかった遊び相手のお兄さん

自分がいいと思っている人から告白され初めて彼氏ができた話!

出会いが合コンだっていいじゃない!無理をしてでも外に出なければ、恋は始まらない

恋愛を考えていなかった私が突然告白されてOKした理由

【自然体でいられる幸せ】恋愛で一番大事なのは一歩前にすすむ勇気。