出会いは自分から求めないと良い出会いなど手に入らない

パティオちゃん

パティオちゃん
年代:30代
地域:熊本県

職場にも出会いがなかった

当時の私は小さな会社に勤めていて、出会いなどは全くありませんでした。

恋人が欲しいと思っていても、出会い方もわからないような状態にあり、どうしたら出会いがあるのかもわかりませんでした。

職場などで出会って付き合ったりしているような人が友達には多かったので、職場を変えない限りは恋人などできないのではないだろうかと考えており、欲しい反面諦めの気持ちもあり、出掛けたときにナンパなどもありましたが、遊んでいるような人とは付き合うような気持ちにもならずに、出会いのきっかけがあったとしても、ナンパなどでは付き合いたくないというような気持ちが強かったり、運命的な出会いを期待していたからかもしれません。

周りがどんどんと幸せになっていくのを見て焦りを感じて

友達などが恋人ができて幸せそうにしているのが羨ましかったのですが、それでもどこかで自分とは関係ないような世界であるように感じており、恋人がいるような世界と自分は関係ないと思ってしまいました。

しかし、なかには恋人とゴールインをしてしまうような人もいて、どんどんと周りが幸せな家庭をきずいていく姿に感化されていき、自分も恋人を作らなくてはいけないなと焦りを感じ始めました。

恋人がいない自分が当たり前になっていて、それではいけないという気持ちと、なぜ恋人を作らないのかと友達に聞かれることもあり、恋人を作らない自分が変わっているという焦りも感じ始めました。

出会いを自分から求めるように心がけて

それまでは自分には恋人などいらないというようなスタンスを見せていたのですが、恋人がいないことに焦りを感じ、恋人がいる友達に出会いがないことを焦っていることを告げて、誰かいい人がいたら紹介をして欲しいと、言い触れ待っていました。

出会いのために習い事などもしましたが、そこでは年配の女性しかいなくて出会うことができなかったこともあります。

出会いを求めていることを言っていると、だんだんと友だちが紹介をしてくれるようになり、合コンをセッティングしてくれることも多くなりました。

合コンなどにも積極的に参加をして、気がなくても番号を交換してそこから違う人を紹介してもらうことが出来、その人と付き合うことになりました。

恋人ができて楽しみが増えた

恋人ができたことで、これまで行くことができなかったおしゃれな場所などにも行くことができ、楽しみが増えました。

毎日連絡をくれて、良いことが起きたときにも、悪いことがあったときも真っ先に報告したいと思える相手ができるということは、心のゆとりができたので、とても嬉しい限りです。

何よりも、誕生日やクリスマスなどは好きな人がそばにいてくれるという、イベントごとになると恋人ができるということは、こんなにもイベント時期が楽しいのかと幸せな気持ちに浸ることが出来、幸せな気持ちになりました。

時には恋人がいることで不安な気持ちになることもありますが、恋人がいることで喜びは増えていきました。

関連記事

しばらく恋愛から離れていた私・・。意識もしてなかった会社の同僚が恋人に!

私の初恋が、いけない恋だと分かっているけど止まらない心

自分がいいと思っている人から告白され初めて彼氏ができた話!

ずっとずっと彼氏がいなかった私についに出会いが!

ありがとう。結婚までしてくれて本当に幸せ

【恋愛したい】出会いはどこであるかわからないもんなんです。