こんな身近に運命の人が。最初は嫌いだった人を良く知ると好きになる。

パラカナモコさん

パラカナモコさん
年代:30代
地域:兵庫県

長年付きあった彼氏との別れで自由を謳歌

10年ほど付き合っていた彼氏と別れてから、3年ほど新しい彼氏ができませんでした。

引きずっていた、というよりも最初の1年はひとりを楽しんでいたこと、そのあとの2年はなんだか恋愛の始め方を忘れてしまっていました。

出会いはあり、デートもするものの、そこからどうしても付き合う、というイメージができませんでした。

長い彼氏がいたためその人との付き合いが、「恋愛」のイメージだったのかもしれません。

新しい彼氏が欲しい、という気持ちにもあまりなれず、当分はひとりでいいや、と思っていたらできませんでした。

そろそろつくろうかな、と思った時には恋愛ってどんなんだっけ、と忘れてしまっていました。

その頃はananの恋愛特集記事を購入して読んでいました。

気付けば2年半も年数がたっていた

彼氏がいなくて3年ほどたつ、という事に気付いたからです。

仕事も忙しく、友達とも遊んだりなんだか楽しくすごしていたのですが、ある日彼氏がどれくらいいないか、と言う話になった時に
数えてみたら2年半ほどたっていました。

結構たってるな、と気づいたのと、年齢的に結婚や出産を考えるのであれば、そろそろ彼氏をつくって結婚に向けたお付き合いをしなければ
いけないのじゃないか、と思ったのも理由のひとつです。

後は単純に、周囲のカップルや夫婦がとても仲の良い素敵な人が多く、その人たちをみていると自分もこうなりたいな、という思いがわいてきました。

そのためちゃんと彼氏をつくろう、と思いました。

身近なところに、、、

正直彼氏をつくろう、と思ったものの、どうすればよいか分かりませんでした。

コンパがあったら誘ってね、といってみたり自分が幹事をしてみたりして、色々と参加はしたものの、ピンとくることもなく。

しかしでかけなければ出会いがない、と思っていたので行動だけはするようにしていました。

「彼氏が欲しい」と口にもしていました。

よく行くバーで、ここではもう出会いがないだろうというほど常連ばかりしかいない場所だったのですが、何度か話したことのある人と会いました。

実はその人の事は最初はあまり愛想がよくないし嫌いだったんです。

しかしその時に話して少し打ち解け、その後に友達のトラブルをその人が解決してくれる、という事がありました。

そこから同じ年齢だったこともあり仲良くなりました。

毎日が変わった

彼は今まで付き合っていた人とは全く違うタイプでした。

その前に付き合っていた人はクールで、冷たい感じの人だったのですが、彼は一見怖そうに見えるもののとても面白く冗談をよく言って
いつも笑っていました。

甘える人で、すごく会いたがったり束縛したり、長年の落ち着いた付き合いとは違いなんだか新鮮な恋愛でした。

私が1人暮らしをしていたのですが、毎日のように会いに来てくれて、少したって同棲することにもなりました。

学生の恋愛のような気持ちで、私もウキウキと付き合うことができました。

色々な場所へでかけるのもすきな人なので、たくさんデートもして、すごく新鮮でした。

生活に新しい人が登場する、というのはやはり毎日にかなり大きな変化があるものだと思います。

関連記事

彼氏の存在は偉大!仕事ばかりの日々でもだれかが見てくれている幸せ。

ちょっと運命というものを信じた出会い。電車から始まった恋?

【男性恐怖症】トラウマを乗り越えさせてくれた先輩

同僚の彼氏と別れたばかり!まさかのある合コンでの出会いとは?

あきらめずに婚活パーティーに通い、出会えた奇跡

実は、運命のあの人は会う前からわかっていた