妥協せずに幸せゲット!アラフォーだけど彼氏ができました。

おいちさん

おいちさん
年代:30代
地域:長野県

妥協はしたくない

わたしはずっと彼氏がほしいと思って、20代のときから合コン、婚活パーティに積極的に参加をしていましたが、できませんでした。

好意を持ってくれる男性はいたのですが、数回デートしてみて「つまらない」と思うことが多く、付き合うまでには至らないことが多かったです。

28歳のときに付き合った彼氏がいたのですが、こっぴどく振られました。

タイプじゃない。一緒にいてもつまらないと言われました。

でも、それはわたしも感じていたことで、当時の彼は全然タイプじゃなかったし、一緒にいてもつまらなく、疲れるだけでした。

なので、次に付き合う人は、そこそこタイプで、一緒にいても楽で穏やかな気持ちでいられる人がいいと決めていました。

妥協はしたくありませんでした。

30歳になってからは、合コンに行く回数も減り、婚活パーティでは相手にされなくなりました。

とにかく寂しい

周りの友達がどんどん結婚していき、子供ができ、自分だけが取り残されている気分になりました。

いつも一緒にいた彼氏なしの友達が急に結婚することになり、とても焦りました。

大好きだった祖母が亡くなる前、ずっと独り身でいるわたしのことをとても心配していました。

このままではまずいな。自分のためにも家族のためにも結婚したいな。

そのためには彼氏を作らなくちゃいけないなと思うようになりました。

一緒にいてくれる誰かが欲しかったのです。

楽しいことを共有してくれるだれか。

旅行に一緒に行ってくれるだれか。

美味しいものを一緒に食べるだれか。

両親と一緒に暮らしていましたが、ずっと孤独を感じていました。

寂しくて寂しくてたまらなくなって、泣き出してしまうこともありました。

スピリチュアル

数えきれないほどの合コンを経験していましたので、わたしには合コンで彼氏ができるとは思っていませんでした。

婚活パーティでも相手にされていませんでしたから、全然期待していませんでした。

そこで、スピリチュアル的な分野からアプローチしてみようと考え、潜在意識を浄化する「ホ・オポノポノ」をはじめました。

「ごめんなさい」「ゆるしてください」「ありがとう」「愛しています」の4つの言葉を、暇があると心の中で唱えました。

同時に、「断言法」を始めました。

ノートに近い未来こうなったらいいなということを「〜になる」と断言した言葉で書き綴りました。

わたしの場合は「素敵な出会いがある」「さわやかで優しい男性と結婚を前提として付き合う」と書きました。

結婚しました

突然、昔の友人から連絡があり、あれよあれよという感じで、その友人とお付き合いすることにありました。

妥協したわけではなく、彼は私の理想の男性で、今でも大好きな人です。

妥協して結婚した友人は1年で離婚しました。

焦って妥協しなくて良かったなあと思っています。

こんなに人を好きになれるものなのかと自分でもびっくりしています。

ふとした瞬間に「ああ、ほんとうに好きだな、とてもいとおしい」という気持ちでいっぱいになります。

いとおしすぎて、涙かこぼれてきます。

わたしの寂しい気持ちもすっぽり埋まり、毎日が楽しくて楽しくて、二人で作る未来が楽しみです。

関連記事

【人生最高の出来事】彼氏が出来て人生経験が豊かになりました

大好きな人とともに生きていくことは、自分の人生を豊かにする。

押してダメなら引いてみろ!追い続けて、やっと振り向かせた理想の人

【近くにある幸せ】失恋の相談をしていた彼とお付き合いすることになった話

友達から彼氏に変わる?彼氏はいきなり現れる!

男性が苦手な私が結婚相手を見つけることができました。