【甘酸っぱい思い出話】勇気を出して、自分を変えてみた。

のりこさん

のりこさん
年代:20代
地域:新潟県

中学生の時からこじらせていました。

私は、幼い頃から引っ込み思案でした。

顔が良い訳ではなく、かといって明るい
性格でもありませんでした。

暗くはないけど、自分に自信が無かったのです。

それでも、友達はそれなりにいて、気軽に話せる
男友達も何人かはいました。

中学生になり、それなりに異性を意識するように
なっていきました。

ですが、好きになる人は男友達の中からではなく、
あまり話をしたことがない人を好きになっていました。

自分に自信が無い上に、まだ仲良くない人を
好きになったので、そういう人が出来ても、
「どうせ私なんて、眼中にもないだろうなぁ。」

と、思っていました。

今でいうと、かなりこじらせていたと思います。

なので、自分から告白なんてもっての他でした。

遠くから好きな人を眺めるのが精一杯で、
消極的な性格が原因だったと思います。

友達をうらやましいと思いました。

中学生になると、仲が良かった友達に彼氏が出来て、
単純に「うらやましい」と思いました。

部活終わりに一緒に下校したり、
休み時間にこっそり落ち合って、
使われていない教室で話をしていたり。

仲が良かった友達の顔がキラキラして、
恋愛するって楽しそうだな、私も
そんな経験してみたいなぁと思いました。

好きな人が出来ても、私の性格はあまり変わらず
消極的でしたが、少し頑張って自分から話しかけてみたりしました。

また、当時携帯電話が流行り始めたので、
メールアドレスをゲットして、
学校の話や、好きなテレビ番組の話を
してみたりもしました。

その人とは付き合えませんでしたが、
話したりメールをする時間が
とても楽しかったのを覚えています。

自分を少し変えてみた。

中学生時代は、好きな人が出来ても、
まだ自分からは告白なんて出来ず、
他の女の子に好きな人を取られたこともありました。

さみしかったし、自分の中でもモヤモヤした
感情が生まれたのが分かりました。

「ダメだったとしても、言った方が
スッキリするんじゃない?」と
思うようになりました。

高校生になると、「かっこいい」ではなく、
「話していて面白いな、落ち着くなぁ。」と
思える人を好きになりました。

挨拶したり、メールしたり、積極的に
接することを心がけました。

また、テスト勉強や部活について
悩むことがあったので、互いに励まし合っている
うちに、

「この人と一緒にいると、精神的に強くなれそう」
と思い、思いきって告白をし、
お付き合いすることになりました。

懐かしく、甘酸っぱい思い出です。

中学生の時に見ていた友達のように、
キラキラはしていなかったかもしれませんが、
穏やかなお付き合いができたと思います。

お互いに、友達付き合いも大切にしたいと
思っていたので、いつでもベタベタする
という付き合い方はしませんでした。

私はまだまだお子ちゃまな部分もありましたが、
彼はとても穏やかな、落ち着いた性格で、
一緒にいて安心感を感じられました。

たまに、一緒に下校することもありました。

その時は嬉しくて、わざとゆっくり歩いて
帰ったものです。

また、携帯電話を自分用に買ってもらえたので、
メール、電話もしていました。

毎日ではありませんでしたが、
勉強のことで励ましてもらったり、
両親に対する悩みも聞いてもらったりしました。

関連記事

【体験談】おしゃれをして出会いのない日常からの脱出を試みてみた

内向的な私の社交レベルが上昇!?先輩のおかげで彼氏ができた話。

【結婚への道】真面目な行動が評価されて彼氏ができました。

私の人生寂しくない!これも全部親友のおかげ!

自分の好みをよく知った友達からの紹介には乗ってみましょう!

10代特有の色んな意味でピュアだったお付き合いの時の話