【運命の出会い】理想の彼をゲットするまでの方法

のりさん

のりさん
年代:30代
地域:鹿児島県

勉強一筋の学生時代

地元の進学校に行っていた私は、高校までは勉強に追われて、彼氏を作る暇もなく、学校と部活と塾でいっぱいいっぱいでした。

回りの友達もみんな彼氏のいない子たちだったので、特に焦りとかもなく、彼氏を欲しいと思ったこともそんなになかったと思います。

毎日、家から学校、学校から塾、塾から家、という全く変わり映えのしない生活でした。

友達もみんな塾に通っていたので、放課後、友達と遊ぶという事もなかったです。

中学の友達で、他の高校に行った子から、彼氏ができたというような話しを聞く事はありました。

のろけ話しを聞いてる時は、ちょっとうらやましいなとも思いましたが、高校時代はとにかく勉強が優先という考えでした。

大学に入り、世界が広がったら

希望の大学に合格し、塾のない、時間に余裕のある生活が久しぶりに始まって、よくよく回りうを見ると、大学はカップルだらけのことが分かりました。

そんな時に友達から進められてみた少女マンガで、胸キュンなシーンをみると、私も恋がしたい、彼氏が欲しいと思うようになりました。

高校時代に一緒に勉強に明け暮れていた友達も、次々と彼氏ができて、ちょっと焦りもありました。

彼氏ができた友達は、とても楽しそうでキラキラしていて、うらやましかったです。

そんな風に自分もなりたい。この大学生活は高校の時のようではなく、もっと青春的な事をしたいと強く思うようになりました。

一番の親友にも彼氏ができ、1人の時間が急に増えたのも大きな理由となりました。

友達の協力の元

彼氏がほしいと強く思ってはいましたが、なんせ経験も知識もなく、どうやったらいいのか分からずにいる日々が暫く続きました。

サークルに入ったりバイトをすれば出逢いがあるよ、と友達に言われましたが、とても人見知りをするタイプなので、新しい環境に自分から入っていく事がなかなか出来ずにいました。

そんな時、大学で知り合った友達の家に遊びに行く機会があり、そこで運命の出会いがありました。

その友達の家に行ったとき、2つ下の弟が家にいて、そのかっこよさに一目ぼれしました。

どうしても近づきたくて、一目ぼれということを友達に言うのは恥ずかしかったけど、今は彼女はいなという情報だったので、こんなチャンスは逃してはならないと、友達に協力してもらう事にしました。

彼氏デビューした私

一目ぼれしてから、何かしら理由をつけては友達の家に行き、友達にわざと不在にしてもらい、彼と二人きりの時間を作ってもらったりして、少しづつ仲良くなり、連絡先の交換もできました。

その後、私から告白し交際が始まりました。

人生初の彼氏の上に、一般的に見てもとてもイケメンな彼だったので、嬉しく楽しくて、毎日が夢なのでは、と思うくらい幸せな日々でした。

おしゃれな彼だったので、私の服や髪型もアドバイスしてくれ、友達からも最近おしゃれになったし、かわいくなったね、と好評でした。
こんなにイケメンで優しい人が、私の彼氏と思うと、ほんとに幸せでした。

毎日がキラキラしてるし、楽しいし、自分が変わったような気がして、苦手だった人付き合いも克服できました。

関連記事

男性が苦手で、恋愛経験ゼロの私が初めての彼と結婚するまで。

付き合う彼を厳選しすぎた!でも目が行く男性というと

私の30代になってから彼氏ができるまでの流れ・過ごし方。

新しいパートナーを探そう!ネット婚活でも素敵な出会いはあります。

彼氏ができて、女子力が上がった!運命の人とは他の人と感じるものが違ってくるもの。

キスってどんなかんじなの?妄想女子高生が大学デビューするまで