自分自身を変えていく。タイプでなかった人が彼氏になりました。

のんのんさん

のんのんさん
年代:30代
地域:三重県

一人の男子のことをずっと好きだったので他の男子のことが頭に入ってきませんでした。

学生時代ずっと好きな人がいたのですが、残念ながらその人は私のことを好きではありませんでした。

友達としてはとても親しかったのですが、私の方から2回ほど告白しても女としては見ることができないと言って振られてしまいました。

しかも彼は知らない間に他の女子と付き合い始めてしまい、とてもショックを受けました。

それでも私はその人のことを諦めきれなかったことから、他の男子のことは一切目に入ってきませんでした。そのようなことから私のことを好きだと思っていた男子がいても気づくこともない状態でした。

したがって当時は彼氏ができそうな状況にはありませんでした。

友人に彼氏ができました。

私と同じようにある人のことをずっと好きであきらめきれなかったという同級生の友人がいました。

彼女と私は同じような状況であったことから、私自身は焦らなくてもいいかと思って好きな人のことを思い続けていました。

しかしながらその彼女が急に私に彼氏ができたという報告をしてきました。

聞けば同じ部活に所属していたけれども、男として全く見ていなかったという男子から告白されたということで付き合い始めたところ、とても楽しく過ごしているということも伝えてきました。

その男子はとても地味な子でモテそうな雰囲気ではないのですが、誠実なところがいいと彼女は言っていました。

友人に彼氏ができた上にタイプの男性でなくても彼氏としてふさわしい人かもしれないという実例を目の当たりにしたので、自分もそろそろ好きな人のことをあきらめて別の男子と付き合おうという気持ちになりました。

他の男子にも積極的に話しかけるようにしました。

私はそれまでは好きだった男子をはじめとして、特定の数人の男子としか話をしていませんでした。

その男子はいずれも自分にとってはタイプであり、あわよくばお付き合いできたらいいかもしれないと思っていました。

しかし友人が最初男子として目もくれなかった人と付き合って楽しそうにしているのを見ると、自分も今まで好きだった人にこだわらなくてもいいのではと思うようになりました。

そのようなことから今まであまり話しかけたことがなかった男子にもそれとなく話しかけるようになりました。

そしていつの間にか私に対して積極的に話しかけてくる男子が出てきて、その人に告白されたことから彼氏として付き合うことになりました。

それなりに楽しい日が続きました。

私の学校では同級生の女子の間では、彼氏がいないと何となくランクの低い女子だと思われていました。

私は入学して以降はずっと彼氏がいない状態だったことから、ランクの低い女だと言われていて、周囲からはからかわれていたり人によっては見下した様子で私に話しかける人もいました。

しかし彼氏ができてからは周囲はそれほど私のことを見下さなくなり、普通に話しかけられるようになりました。

また私は以前はかなり短気な性格でありそれが原因で友達をなくすこともあったのですが、彼氏ができてからは女性らしさを前面に出さないといけないと思い、あまり短気にならないようにしていました。

そのようなことから友人からは性格が変わったと言われ、自然と人から話しかけられるようになって遊びにも誘われるようになり、それなりに楽しい日を過ごすことができました。

関連記事

もともと惚れっぽくて恋愛体質の私・・。学びの多かった恋愛でした。

私の30代になってから彼氏ができるまでの流れ・過ごし方。

野球が運んでくれた偶然にも自然な縁【野球好きのキチガイ同士の恋愛】

【友に恵まれた私】友達のおかげで奥手な私が彼氏を作れるまで。

タイプが違う彼氏ができて、私の世界を知って人生が広がりました

【アラサー必見】ダメだったアラサーオンナが見つけた意外と近くにあった幸せ