好きな人と1日1日を大切に!恋愛に消極的だった私が前向きになれた東日本大震災

nonさん

nonさん
年代:30代
地域:宮城県

誰も好きになれなかった私

年齢も結婚適齢期になり、まわりの友達がどんどん結婚していく中、正直焦りはありました。

しかし、なかなか人を好きになることができず、この人だ!と思える人にも出会えず、長年彼氏はできませんでした。

友達に紹介してもらったりなど、異性との出会いはあったのですが、自分の気持ちがついていきませんでした。

とても良い人だし、収入もいいし、こんな人を好きになれたら幸せなのになぁと思うこともありましたが、なかなか恋愛感情が芽生えず、いつも結局友達止まりでした。

そんな自分の性格もあり、彼氏をつくることも半分諦めていました。そのうち、合コンなどの出逢いの場からも足が遠のいてしまうようになりました。

辛かった震災がきっかけで、誰かに頼りたくなりました。

東日本大震災で被災し、とても辛かった時に、心から彼氏が欲しいと思いました。

一人だと辛いときも誰も支えてくれる人もいないし、頼れる人もいないし、とても寂しいものでした。

本気で、誰か心の支えになる人がいてくれたらどんなに救われるのだろうと思いました。

心配したり、心配されたり、助けたり助けられたり。

そのようにお互いを大切に思い、どんな時も一番に心に浮かぶ人が欲しいと思いました。

そして将来、自分ひとりで生きていくのは嫌だととても感じました。

何が起こるかわからない人生だからこそ、好きな人と1日1日を大切に、幸せに過ごしていけたらなと感じ、彼氏が本気で欲しくなりました。

自分で行動あるのみ!

彼氏が欲しいと思った時から、彼氏作りにとても前向きに行動するようにしました。

友達の紹介があれば必ず行くようにしていたし、合コンにも参加しました。そして相手のことをよく知ろうと努力しました。

また、自分から人が多く集まるような場所に出向いたり、今まで面倒くさいと思って家に引きこもっていたけれど、それを止めて、どんどん外に出かけるようにしました。

また実際気になった人には、ダメもとで自分から話しかけるようにしました。

積極的に行動することで、前よりも男性との出会いが増えたし、相手の良いところをみつけることが上手になりました。

実際の彼は、近くのコンビニの定員さんで、自分から話しかけたことがきっかけでした。

毎日がとっても楽しくなりました!

彼氏ができて、自分の生活は一変しました。まず、何をするにもとても楽しいことです。

今までは仕事で忙しくて凄く辛い時、こんな生活本当にもう嫌と思っていましたが、彼氏ができてからは、どんな状況でも幸せを感じられました。

心の支えになってくれていましたし、たとえ辛いことがあっても、話を聞いてくれたり、励ましてくれたりしてくれたので、どんな時も頑張れました。

そして、料理にしても美容にしても、前よりとても積極的に学びたいという自分がいました。

彼に好きでいてほしいから、自分もどんどん魅力的な女性になれるように、たくさん学びたいと思いました。

人生にとても前向きになれて、自分自身も好きになれました。そして毎日がとても輝いて見えました。

関連記事

【体験談】おしゃれをして出会いのない日常からの脱出を試みてみた

ゲームは最低条件!ゲームから始まり現在もゲームゲームな二人の話!

幼かった私が恋愛を知ることによって気持ちが変わった話

アラサー女子が、結婚前提の彼氏と破局後、彼氏を作るまでの道のり

【映画好きのオフ会】恋愛に興味がなかった私が趣味を通じて興味を持てた!

自分がいいと思っている人から告白され初めて彼氏ができた話!