周りがどんどん結婚していくのに焦り出してはじめた婚活

ななちゃん

ななちゃん
年代:20代
地域:山梨県

出会いがないし出会う気もない

当時、特に結婚願望もなかった私はあんまり外に出歩くこともなく、仕事と家を往復する日々ばかりでした。

しかし、周りの友人達が何人も結婚したり、婚約していったりする様子を見て、次第に焦りが出始めました。

周りにはもちろん、結婚する気がない子も多くいたが、そういった子の多くは仕事に情熱を注いでいて、結婚はまだ考えていないという子が多かったのです。

しかし私は仕事一筋で生きていく気はなく、いつかいい人が現れたら結婚したいなーと気楽に考えていました。

しかしそんな考えではいい相手には巡り会えないのです。

職場は女性だらけで、男性はおじさんばかり、仕事と家を往復する日々に出会いなんてあるはずもなかったのです。

行き遅れは嫌だと思った

周りの女性を見ていると、なんとなくこの人は独身だろう、この人は子持ちだろうなということが雰囲気でわかります。

別に結婚していないのが悪いわけではないのですが、ただ誰かと共同生活をしていないという、その生活スタイルが仕事にも少しで表れていて、ちょっと気が強かったりマイペースに仕事を進める様子ど1人暮らしをしているんだろうと言う予想がついてしまうのです。

逆にお子さんがいる年配の女性や旦那さんと一緒に住んでいる女性は、細かいことに気遣いができる女性が多く、自分はそういった女性の方になりたいなぁと思ったのが、結婚したいと明確に考え始めた理由でした。

しかし、現実はそんなに甘くはなかったのです。

結婚相談所に申し込む

仕事場と家を往復するばかりの日々に出会いがあるはずもないので。

そこで私が取った行動は、結婚相談所に申し込むということでした。

私の年齢で結婚相談所に申し込んでいる人は1人もいなかったのですが(街コンの方が多かった)人見知りの私には、その結婚相談所に申し込むことでさえ、とても勇気がいったのです。

できるだけ他人と話さないでいられる環境で、彼氏を見つけることができないか、そうして選んだ場所でした。

しかし、私が申し込んだのは私のようなまぁ、とりあえず安く申し込めるところに申し込もうという考えが見え透いた安価な結婚相談所だったもので、そこには、思った以上に自分の理想の男性はいなかったのでした。

何度も申し込みがくること、断り続けようやくあってもいいかなと思える男性に巡り会う、それが始まりでした。

ぶっちゃけ面倒くさいこともある

恋愛をして楽しいと思えるのは、学生までではないでしょうか。

大人になると、会うの今日はだるいなーとか仕事してきて疲れてるし、連絡は明日にしようなんて思うこともあったりします。

学生の時のようにトキメキばかり感じてはいられない、将来のことも考えるし、相手についての不満だって結構あったりします。

なんせ好きで付き合っているわけではないのですから。婚活で付き合うというのは妥協もつきものなのですね。

そして、相手の気に入らないところが一箇所、見えてくると他のことも目に付くようになってきて、八つ当たりしてしまうこともあります。

でもこれは学生も一緒ですね)いてくれてありがとう思う日もあれば、そう思わない日もあるという感じです。

関連記事

恋に前向きな女は狩りしましょう。付き合ってからが本当の勝負です。

どちらかというと恋愛は苦手な私・・。社会人になってやっと彼氏ができた!

時間がなく出会いもない日々で、友達を通じて知り合った男性が彼氏に

恋愛観を見直してみた。バイト先は彼氏を作りやすいと聞いたけど・・。

あなたが好きという気持ちをとことん伝えてみた結果!

1人になって考えて成長した話。不安や恐怖から脱出の先には大きな成長がある!