恋をして綺麗になる!生きていくことが楽しくなりました。

なみさん

なみさん
年代:30代
地域:東京都

恋をしない方が平和だよ、きっと。

当時、失恋で激しく傷心しており、しばらく恋なんてしたくないと思っていました。

男性なんて嫌い、恋愛なんて面倒臭い、女子同士で気楽に楽しく過ごしていけばいいじゃない、という考えにシフトしていたので、彼氏を作りませんでした。

もしも彼氏を作っても、いつか別れることになったら自分だけじゃなく相手もつらいだろうし、だったらお互いそんなことにならないように平穏に過ごそう、それでいいじゃないと思っていたからです。

例え親密になりそうな人がいても友人関係のままの方が気楽で楽しくやっていけそう、もしも相手が好意を持ってくれても「今はそんな気分じゃない」というのが最大の理由でした。

要するに、傷つくのが怖くて逃げていたんですね。

恋をして綺麗になりたい!

街で彼氏と一緒に居る若い女の子達がキラキラしていて可愛くて、お姉さん女性達はしっとりとした色気があって素敵で、恋をしていると楽しそうだし綺麗になるんだなあと思ったからです。

友人の女子達と気楽にワイワイするのはもちろん楽しいけれど、男性という存在が自分を高めていくんだろうなという刺激のようなものを感じるようになりました。

彼氏の為に女子力を上げたり、デートで素敵な場所に行ったり、美味しい物を食べたり、女子同士だけでは経験できないことがたくさんあるんだろうな、そういう世界を体験してみたいなと思いました。

私も彼氏を作って恋をして綺麗になりたい!素敵な女性になりたい!というのが主な理由です。

男友達から彼氏に。

もともと普段から仲の良かった男友達がいて、前から自分に少なくとも好意を持ってくれていることは感じてはいました。

しかし、その好意が友人としてではなく恋人としてということまでには気がつかず、告白のようなことを何度か言われていたような気もしましたが、
とにかく当時は恋に臆病であるがゆえに鈍感になってしまい、相手には大変に申し訳ないのですが眼中になかったのです。

相手の本当の気持ちに気付いたときに意識するようになり、それが少しずつ深まっていきました。

ただの友人としてではなく個人的にもっと深く付き合ってみたいという特別な感情が生まれるようになりました。

そうして、一緒に食事に出掛けたときに一歩踏み込んだ雰囲気になりお付き合いが始まりました。

女子力で潤いある毎日に。

彼氏のために可愛くなりたい、綺麗になりたい、品がある素敵な女性になりたいという意識が生まれました。

今度はいつ会えるのかなとか今何してるのかなとか、会っていないときにも相手のことを思ったりして、いわゆる典型的な恋する女子になりました。

デートではどこに行こうかな、食事ではどこに行こうかなというリサーチも頑張って、そういうリサーチも楽しくなりました。

女子同士だけでは経験できなかった男女による行動が増えることによって世界が広がりました。

恋によって良い意味で刺激されて自分を高めていくことによって生活に潤いが出ました。

恋って素晴らしいのね!ということに気付くことにより、生きることがもっともっと楽しくなりました。

関連記事

少女漫画のよう!男に無頓着な女が、女から女性に生まれ変わる物語!

食事会での出会いこじらせ女のこだわりすぎた恋愛の結末は、案外シンプルなものだった...

ネガティブで自分に自信のない私にも、なんと、彼氏ができました!!

孤独だった私の話をまっすぐ聞いてくれた彼に恋した。

【恋は盲目】恋に恋し溺れてしまったが理想の彼氏と出逢えた。

人見知りでシャイだった私が彼を作る為に