ダメダメな恋愛体質を治してくれた、一途に愛してくれた彼

なっちゃん

なっちゃん
年代:30代
地域:愛知県

自信がないから、来るもの拒まず

中学生の時も、高校生のになっても一度も彼氏が出来たことがなく、私は男性に愛されない女なんだ。

もちろん顔も体型も何一つ自信を持てるモノが私には与えられていないと子供の頃から自分を卑下していました。

大学生になり、化粧を覚え、ファッションも友人に教わりながらお洒落にしていたつもりが、学内でもコンパでも友人ばかり。

唯一、私を食事に誘ってくれたのは、当時既に結婚して家庭を持っていた大学関係者だけでした。

この人しか私を愛してくれないんだ、という錯覚から男女関係への発展は早かったです。

恋愛を覚えると、少しずつ声を掛けてくれる男性は増えたものの、既婚者が多く、大学関係者の彼へのだんだんと強くなる独占欲と、この人は私を選んではくれないんだという不信感から、来るもの拒まず、誰でも食事から男女関係でもなんでも、誘いに応じるようになると、ますます既婚男性からの誘いや身体目的の誘いしかなくなり、まともに愛されることは無いんだという自暴自棄にもなり特定の人に愛されることも目を向けることも無くなっていたと思います。

そろそろキチンとしなくては

姉が結婚した事を機に「私も結婚したい。」という気持ちを抱くようになりました。

姉の結婚式がとても素敵で、義理兄が本当に心から姉を大切にしているのが伝わってきて、「私自身もこんな素敵な人に愛され、同じように1人の人を心から愛したい。」と感じたのがきっかけに彼氏が欲しいなと思いました。

それ以前から親友には、「既婚者とある人には既婚者しか寄ってこないから、やめなさい。」との助言があったのと、姉の結婚のタイミングも良く、「やめよう。もうそろそろキチンとしなくては。声をかけてくれる男性はいたんだから、独身の男性でも1人くらいいるはずだ。」と思い込むようにしました。

当時関係を持っていた男性全てとの連絡をたち、仕事も変えました。

フットワークは軽く、身持ちは固く

全ての男性関係を切った後、まずは縁切り縁結びの神社にお参りに行きました。

その後も、以前の生活同様フットワークは軽く、出かけている日が多かったです。

予定のない日は家で寂しく感じて前の男性を思い出してしまいそうだったので、とにかく誘われた食事会や飲み会、スポーツや習い事、全てに参加していました。

「デート」の誘いももちろん足を運びましたが、絶対に男女の関係は持たない、手も繋がないを徹底しました。

その中で、私のだらしのない過去を知る1人の男性が誠実に何度もデートに誘ってくれていた彼が今の夫ですが、その彼は私がだらしない時から一度も男女関係に誘う事なく、誠実に私とのデートの時間を楽しもうとしてくれていた人でした。

その時まで大切にされていることに気づいていませんでしたが、私が落ち着いたのを機に告白してくれて恋愛関係になりました。

この人を愛せる私はとても幸せ

今までずっと大切にされていたんだと気づいた時にはもう大好きでした。

日に日に大切さが増していき、お互いを大切にしあえる関係を築けたと思った時、こんな風に1人の人に愛されているのが分かり、その愛に応えたいと思えることがこんなに幸せなことなんだと知りました。

彼との生活、時間が1番大切で、不要な外出は控えつつも、お互いの友人や友人関係を尊重しあえる生活に変わっていきました。

今までの異性関係を恥ずかしい、無駄な時間だったと感じてはいるけど、あの時期がなければ彼と出会う事も、こんなに大切に思える事もなかったこと、こんなに幸せだと感じれることを知る事もなかったかもしれないと思い、過去の自分も全て否定せずに幸せな生活を送れていると思っています。

関連記事

【実話】高校2年生からの片思いがやっと実った時の話!

あまり恋愛に興味を強く示すタイプではなかった私が、恋愛したい思った理由は。

恋をしてプライド高い自称高嶺の花の女から、甘えることができる女に変化した私。

恋愛対象と思わなかった彼との恋愛に、毎日がキラキラする!

振られたどん底からの大逆転プラス女磨き大成功

まるでドラマのような…主治医と患者の出会い.