古い恋から新しい恋へ。年下彼氏をゲットするまでの話

なあさん

なあさん
年代:20代
神奈川県

小学校からずっと好きな人がいました。

当時私は大学2年生の20歳でした。

小学校6年生からずっと好きな人がいて、その人ととは小中いっしょで高校は別々のところになってしまいました。

高校ではその人のことを忘れようと違う人と付き合ってみましたが、やはり忘れられず半年ほどで分かれてしまいました。

なので、私は期間を設けました。

成人式まではその人のことを想い続けよう、そして成人式後の同窓会でその人にアプローチしてみて、ダメそうだったらきっぱり諦めて、次に行こうと決めました。

中途半端で後悔するよりもこっちのほうがいいと思いました。

なので、当時はその期間真っ只中、ここで他の人と付き合うというよりも同窓会でその人に会うということしか頭の中にありませんでした。

やはり無理でした。

待ちに待った、成人式と同窓会です。

久しぶりにあった好きな人はとてもかっこよかったです。

同窓会では私なりにアピールしてみました。

一次会でビンゴ大会があり、そこで好きな人が血圧計を当てたのでそれ貸して?といってみたり、私が当てたヘビのオモチャを要らない?といってその人の首に巻き付けたりと頑張りました。

しかし、反応があるのはあるのですが、脈がない反応で、これはもう諦めるしかないと思いました。

私としても当時で8年も彼のことが好きで、高校で一回付き合ったといってもしっくりとこないお付き合いだったので、ちゃんと付き合ってみたいと思いました。

そして、自分で設けた期間も成人式までだったので区切りとしてちょうどよかったのです。

学校の授業でたまたま同じグループに。

私は大学2年生の冬に学部のアメリカ研修旅行に参加する予定で、9月頃から授業でその事前準備をしていました。授業ではアメリカについて学んだり、参加する人たちの交流を深めるという目的でやっていました。

そこで今の彼氏と出会いました。

彼のことは9月頃から知っていたのですが、喋る機会がなく12月頃まで関わったことがありませんでした。

しかし12月にたまたまグループがいっしょになり、そこで仲良くなりました。

連絡をするにつれ、段々と彼のことが気になっていきましたが、時期が成人式前だったのでそこまで進展はしなかったです。

そして、成人式後、今までの好きな人のことをきっぱりと諦め、彼と向き合い初めて初めて喋ってから4ヶ月後に付き合い始めました。

とても楽しい。

彼氏が出来てから、今まで体験したことのないハートフルな生活を送っています。

これが両思いの力かと実感しています。

今までは自分の悩みなど、他の人に言えなかったのですが、最近では彼氏にだけ言えるようになりました。

また、今大学四年で就活がやっとひと段落しましたが、これも彼氏の支えがあったからだと思っています。

彼氏は年下なのでまだまだ余裕があったのが幸いです。

来年は私が彼氏の就活を支えようと思っています。

彼氏ができて、1番びっくりだったのが、髪の毛の質がとてもよくなります。

これは本当です。

アイロンのし過ぎて傷んでいた髪が付き合ってからサラサラになりました。

これが女性ホルモンの力か…とびっくりしています。

彼氏ができると生活も自分も一段と豊かになります。

関連記事

【愛の力!】初めて愛されることの幸せを教えてくれた彼。

結婚したいと思えた彼氏!超わがまま気ままな娘が大人の女性に変わるまで。

【婚活】彼氏がしばらくできなかったときから夫を見つけるまで。

大失恋で傷がまだ癒えてない時の運命的な出会い。そして今の夫に。

バーのマスターがキューピットに!出会いは突然にして必然。

【秘密の恋愛】同じ部署から始まった、先輩との恋バナ。