年上の方が素敵な恋愛ができる!と思い込んだ私にできた実際の彼とは。

むーみんさん

むーみんさん
年代:30代
地域:北海道

自分から告白ができないタイプだった

いいなと思う男性がいても見ているだけかこっそりプレゼントを渡すくらいが精一杯でした。

プレゼントを渡す時も手渡しはできず、

男性が使う棚に入れておくような感じで誰からなのかすらわからないまま贈ってしまったこともあります。

完全に渡したというだけの自己満足で終わっていました。

今思えば自分から告白をすることで失敗もあったでしょうが一度くらいは成功したのではと思います。

やる前から諦めてしまう性格のせいで恋を遠ざけ、どんどん恋愛に臆病になっていました。

そのため、何となくいい雰囲気になっても決定的なことは言えず、

仲のいい友達なのかあれが付き合っていたと言うのかわからないような関係もありました。

最も仲のよかった友達に彼氏ができた

友達カップルはお互いとてもシャイだったため、

グループで遊ぶことが多くてそのメンバーにわたしも入っていました。

友達はわたしに気を遣ってくれて、わたしが好きだった男性もいつもメンバーに加えてくれていました。

だから見ようによってはカップルデートに近い感じです。

しかし、わたしから好きと言うことはできず、

相手もわたしの気持ちに気づいていながらも言ってはくれませんでした。

お互い相手から言ってくるのを待っていたような状態です。

そんな時に他の男性を好きになってしまい、年上の男性ならリードしてもらえるのでは?

と夢中になっていきました。

友達の方がずっと話しやすくて気が合う

探したというよりたまたま親しくなっただけです。

当時親しかった年上男性の友達であったため、安心して話すこともできました。

年上だと上手くリードしてもらえて話しやすかったです。

最初は親しかった年上男性のことが好きでした。

しかし自分とは釣り合わないステキな男性であることは承知しており、

ステキではあるもののなんだか合わないという感覚もありました。

そんな時にその友達の方がずっと話しやすくて気が合うなと気づいたんです。

若かったわたしは数歳差でもその男性が大人に見えました。

それだけで憧れであり、ステキに見えていたんです。

そのまま親しくしているうちに告白をしてもらい、付き合うことになりました。

今思えば相手から言ってもらえなかったらやはり憧れだけで終わっていたんだろうと思います。

彼氏ができて完全に恋愛体質に変わった

毎日彼氏との電話、デートの日は朝日が昇るころに待ち合わせて少しでも長く一緒にいられるように…。

バイトの帰りのちょっとした時間でも会っていました。

初めての彼氏に夢中になっていたわたしは、今思えば本当に彼氏とラブラブな生活に夢中でした。

しかし、それを全て受け入れて都合を合わせ、

気持ちに応えてくれた彼氏の優しさと思いがあってこそだったと思っています。

彼氏はわたしが好きな気持ちをしっかり理解してくれ、向こうもとても大切に思ってくれていました。

遠距離の時期もあったのでお互いにお金もかかりましたが、

あの経験があったからこそ恋愛が好きになれたと思っています。

一番幸せな恋愛でした。

関連記事

【体験談】最初は恋愛対象外だった相手が結婚候補として見えてきた私

【近くにある幸せ】失恋の相談をしていた彼とお付き合いすることになった話

恋活のために私がしたこと。恋の力が一番のダイエットになる!

干物女にならないために、引きこもりからリア充を目指す

何人にも男性に告白されたのですが・・・

【ドキドキ指数が急上】私に彼氏ができるまでのみちのり。