【幸せの掴み方】シングルマザーの恋は子育て卒業から始まる

ムーミンさん

ムーミンさん
年代:40代
地域:東京都

シングルマザーには、恋する余裕はない

シングルマザーで離婚した私。子供は小学2年生でした。

学童クラブに入れても、お迎えには間に合わず、子供を一人家に残しての仕事でした。

気になる男性もいなかったと言えば嘘になるし、男性に言い寄られたこともありました。

でも、どちらもだめ!でした。子供と3人でいる様子が想像できませんでした。

私は、不器用なので、母として、また、新たに好きな人を作って恋人として、同時に役割を果たすのは、考えられませんでした。

仕事だって、シングルマザー故に、子供の病気や事故で、途中早退も黙認してもらったりしていましたから、その分仕事を一生懸命しました。

仕事に母親に、この2つで心は占められてしまって、彼氏を創る余裕はありませんでした。

子供

はいつか離れるもの、母親卒業したらその先は?

一人息子も高校に入ると、母親のできることは、ごく僅かになります。

将来の夢を熱く語る息子には、もう、母親を頼る気持ちはありません。

母親の役割を終えるとなると、今まで頑張った自分を誇らしく思えるけれど、これから、何をしたらいいのかが、わかりませんでした。

趣味を始めるにも、息子や仕事中心で、自分が何を好きかすら、わからないことに愕然としました。

何をしようかなと、色々考えていたら、何もよりも、自分らしくいたいと思うようになりました。

私は、まだ40代、今の日本では100歳を超える女性がたくさんいます。

80歳、90歳まで生きるとしたら、まだ半分も人生が残っています。

そこで、私をまるごと認めてくれる彼がほしいと思いました。

時間と手間がかかるけれど、出会い系はおすすめ

今の彼は、6歳年下の未婚男性です。出会い系アプリで出会いました。

生活の場所が会社の自宅の生活でしたから、出会うきっかけは会社しかありません。

しかし、会社で恋愛沙汰になったら、面倒だし、また、幸か不幸か、そんなに魅力を感じる人もいませんでした。

そこで、婚活目的の出会い系サイトに登録し、男性とコミュニケーションを取ることからはじめました。

そのサイトには、3ヶ月登録し、8人と会いましたが、もう、見事にこれはない!人ばかりでした。

そこで、次に婚活に特化していない出会い系アプリに登録し、2週間目に、彼に出会い、なぜか気になり、連絡をとりました。

それから先は、波にのったように、スムーズにおつきあいが始まりました。

一人よりも二人が楽、

まだ、息子と同居しているので、彼とは一緒に暮らしていません。

でも、お付き合いして間もなく、彼の年齢もあって、結婚の話は出ています。

でも、法的な結婚よりも、絆を大事にしたいとお互いに思っています。

彼はITの会社に勤めているので、コンピューター操作に弱い私を助けてくれます。

私は法律に詳しいので、その面では彼を助けることができます。

お互いに弱いところを補うような関係であって、2人でいることが、1人でいるよりも、生活しやすいと感じています。

また、今まで、自分の人生でしたから、なんでも一人で決めて来ましたが、今は彼と話し合うことができ、自分の決定に悩むことも少なくなりました。

やはり、2人でいるほうがいいと思っています。

関連記事

【婚活者必見】思わぬところに出会いがありました。

【恋愛適齢期】寂しさと恋は間違いやすい

運命の糸っていうのは本当にあるのかもしれない!

【彼氏が欲しい方必見】彼氏ができなかった私が結婚できた理由

彼氏が欲しい!飲み屋で知り合った男性に人生初の猛アプローチ!

過去の恋愛の傷を癒した彼、現在の旦那さんが私の全てを受け入れてくれました。