女性は追うよりも追われる恋愛がいい。本当の幸せな恋愛について。

みかこさん

みかこさん
年代:20代
地域:東京都

追う恋愛に疲れていた私

当時私は年下の彼氏と別ればかりでした。

その元彼はイケメンでバンド活動をしており女性にモテたので、私は常に彼に捨てられないようにと気を使い、彼の機嫌を取るために無理ばかりしていました。

彼とは半同棲のようなかたちで付き合っていて家事などもほとんど私がこなしていましたが、結局ただの都合のいい女、家政婦のような扱いなってしまい、彼は私に家の事などはすべて押し付け、外に女を作って浮気をしていました。

彼には私しかいないと思いさまざまなことを我慢していましたが、結局良いように利用されていたのだと目が覚め、追う恋愛にも疲れ果て私は彼と別れました。

そしてそのまま半年くらい、新しい恋をする気力もなく彼氏がいない状態で毎日を過ごしていました。

幸せになって見返したい

元彼と別れてからしばらくの間は新たな恋愛をする気力もおきず、彼につけられた心の傷を引きずったまま生活していました。

しかし時が経てば、あんなに尽くした私は本当に間違っていたのだろうか、私だって本当は幸せな恋愛をして幸せになっていいはずだし、幸せにならなければいけないと思うようになりました。

顔だけが良くて他に取り柄のない男のことは忘れて、私だって優しくて私の事を大切にしてくれる素敵な人と幸せになりたい、幸せになって元彼を見返してやりたいと強く思うようになりました。

そして私は今度は好みの顔だからなどという理由でなく、相手の人間性をしっかり見た上で、この人とならおだやかな気持ちでお互いを高め合えるような恋愛が出来ると確信が持てる人でないと、付き合ったりしないようにしようと心に決めました。

信頼できる友人の良さを再発見

まず出会いは自分の交友関係を広げることからだと思い、元彼と付き合っていた頃は断ってばかりいた遊びの誘いなどに積極的に参加するようにしました。

その頃ちょうど学生時代の友人とバーベキューをする事になり、私も参加しました。

その中で、卒業以来なかなか会えないままでいた男性の友人のさまざまな気遣いや優しさを感じ、好感を持ちました。

彼は昔からとても優しく気遣いのできる男性でしたが、友達と思っていたし容姿がタイプというわけでもなかったので恋愛対象ではありませんでした。

しかしつらい恋愛経験を得て、彼のすばらしさに私は気づく事が出来ました。

そして後日二人で何度か食事に行き、実は学生の頃から好意を持っていたと彼から告げられ、私たちは交際する事になりました。

追う恋愛から追われる恋愛へ

彼は交際がスタートしてからとにかく私の事を大切に扱ってくれました。

過去にあれだけ男性に尽くし心が疲弊しきっていた私ですが、今の彼は私が喜んでくれるのが嬉しいからととても尽くしてくれています。

それによって傷ついた私の自尊心もいやされ、大切な人に大切に扱われる事で愛情を感じ、恋愛とはこんなにも楽しいものなんだと日々幸せをかみしめています。

過去の私は恋に恋するようなタイプで、胸が焦がれるほど好きじゃなきゃ恋じゃない、自分の大好きな人を追いかけ尽くしていなきゃ恋じゃないと思い込んでいました。

今回初めて笑いながらも俺の事捨てないでね、なんてことまで言われるようになり、やはり女は追う恋愛よりも追われる恋愛、愛するより愛される方が幸せというのは本当なんだなと身を以て実感しました。

関連記事

人は中身が大切!太っていた私が愛嬌だけで彼氏が出来るまで。

勇気を持って!一歩踏み出すことが大切だった!

【遠距離恋愛を経て結婚】恋愛にはいろいろな出会い方があるのを知りました!

【マル秘】彼氏獲得までの道のりは、自分獲得への道のり

【マッチングアプリ】彼氏ができる前と後での環境の変化について。

【運命の出会い】彼氏が初めてできたお話