【ビビッと感じた恋】路上のナンパから始まる真剣交際もあるんです!

みなみちゃん

みなみちゃん
年代:30代
地域:東京都

振られた傷から立ち直れずにいた私

当時、大好きだった元彼に振られて傷ついていた私は、半年くらい誰とも付き合わずナンパなどの誘いにも乗らず、恋愛に乗り気でない時期を過ごしていました。

というのも前の彼氏は非常に理想的な人で、その人以上の人が現れることはなかなかなかったし、まだ諦めがついていなかったという気持ちもありました。

しかし彼の決意は固く、元の鞘に戻れる雰囲気もなかったので色々なことに諦めモードになっていた時期だったのです。

そんな暗い雰囲気を漂わせていたので、男性の方でもアプローチや声がけはしにくかっただろうと思います。

つまりは直前の恋愛に未練タラタラで、どうしても次のステップに進むという気分になれないような時期だったのです。

それでもやっぱり恋愛がしたい。

そんな状況の中でもまた彼氏が欲しいと思ったのは、『このままだと女として枯れてしまう』という危機感を覚えたからです。

男性と付き合いたいという気持ちがないと、やはりメイクやファッションも手を抜きがちになり私はだんだんと『ちょっとだらしない感じ』の女性になりつつありました。

これではいけないと一念発起し、また女として輝こうということで『恋愛をしよう』『彼氏を作って、ときめこう』という前向きな気持ちになることが出来たのでした。

その時すでに20代も後半に差し掛かっていたので、結婚という二文字が頭に浮かび少々の焦りを感じていたのもあったかもしれません。

ともかく私は半年のブランクの後、再び恋愛モードに入ったのでした。

知り合いの紹介?それとも偶然の出会い?

また恋愛をしてときめきを覚えたいと思った私は、知り合いに『誰かいい人いないかな』などと『フリーで恋人を探しています』アピールをしてみることにしました。

折良く、以前から私のことを気にかけてくださっていた男性を紹介してもらい、友達からということでなんとなくみんなで遊んだりしていた頃、私は1人で訪れた大人っぽい繁華街でナンパされたのです。

その人が、のちに私の彼氏になる人でした。ナンパに応えることなんて本当になかった私ですが、その時はなぜかビビッと来るものを感じ、その後改めて会う約束を交わしたのでした。

知り合いに男性を紹介してもらうというのは非常に安全な方法ではありますが、少し冒険感やドキドキ感には欠けるものです。

その点でナンパからスタートする関係というのは、私にとっては新鮮なものでした。

きらめく日々が再び!

そんな出会い方をした男性とお付き合いをすることになり、私は再びきらきらとした恋愛の日々を過ごすことになりました。

お付き合いは相手によって毎回変わって来るものですし、個性やオリジナリティがあるものなので毎回とても新鮮です。

気持ちには喜びや幸せな感情が生まれ、仕事にもメリハリがつくようになりました。

プライベートとは全く関係のないビジネス面でも、やる気が満ち溢れていたおかげか良い成績を残すことが出来たり、まさに全てがうまく回り始めたという感じでした。

プライベートの充実は人生において多くのものに影響を与えるんだなと実感しました。

ちょっとした連絡やデートでも、それがあると1日がハッピーで幸福感に満ちたものになります。

彼のおかげで過去の未練は忘れ去ることが出来ましたし、幸せな毎日を手にすることが出来てとても感謝しています。

関連記事

【実話】自分に否定的で臆病だった私の実際に経験した物語!

大親友の豹変!人と関わることの大切さを教えてくれた

大失恋で傷がまだ癒えてない時の運命的な出会い。そして今の夫に。

初めての彼氏は一番好きな人の後輩でした。

付き合っていた彼と別れ、その先にあった自分に見合った人との出逢い

不幸アピールが効いた?彼氏との別れで失意のどん底を経験