【幸せな恋】結局好きな人のタイプに寄せていくのが一番

みんさん

みんさん
年代:20代
神奈川県

気の使い所違い

見た目には気を使っていたけど、好きな人のタイプとは離れているギャル方向に行ってしまったりして自分から好きな人のタイプに合わせようとする気がまったくなかったのが大きいのかなと思います。

まず始めに好きな人のタイプや理想を知り、そんな人に近づけることで候補の1人になることが重要なんだと思います。

最初に見た目を理想に近づけたら次は中身です。悪い子より優しい子。

気の使える女になろうと周りをよく見て「ゴミ捨てておくよ」などすぐに言えるようにしていていざその場面になった時に「俺の方が近いから大丈夫だけど?」と言われた時の恥ずかしさ。

人もよく見てないとだけどゴミ箱まで把握してなかったですね。

どんだけ必死なんだよと思われてしまいました。

周りの子を見て

彼氏がいる子はどんどんキレイになっていくし、とても幸せそうで毎日キラキラしているんだろうなと思ったので彼氏がほしいと思っていました。

友達と一緒にいるのももちろん楽しいですが、あの幸せオーラは彼氏じゃないと出せないですね。

さすがに誰でもいいと言うわけでないですし、この人だったら毎日一緒にいたら楽しいんだろうなと思った人を自然と好きになってました。

そんな好きになった人と付き合えたら最高と夢に見ていました。

高校生になると友達との会話も彼氏の話が多くなるので正直羨ましいし、私も彼氏の話がしたい!と思っていました。

高校生の頃は彼氏への憧れがとても強かったと思います。

自分磨きにもなるし、幸せになるし、一石二鳥だと楽天的に捉えていました。

部活の先輩

高校生の時は男子バスケ部のマネージャーをやっていました。

元々中学生のこと部活でバスケ経験があり、友達にマネージャーやらない?と誘われたからです。

その時の部長と連絡取れるように連絡先を交換してちょこちょこ連絡するようになりました。

最初は業務連絡が多かったのですがだんだんプライベートな話もするようになり、棟が違かったので校内で見かけたら呼んでくれたりしてくれました。

女1人の部活だったので最初は嫌なこともたくさんありましたが部長が気にかけてたくさん声をかけてくれたので部活が楽しくなりましたし、優しい部長に私が恋に落ちてしまいました。

これは頑張ろうと部長の理想のタイプから外れないようにし、気の使い所も間違えないようにしてなんとか部長から告白をいただきました。

幸せな高校生活

部長と付き合ったのは部長が引退してからだったので部活には彼氏彼女として過ごせませんでしたが、学校が同じだったので窓側の席から彼氏の棟を見て見つけると嬉しくなったり、目が合えば手を振ってくれたりと甘酸っぱい高校生活を送れて幸せでした。

彼氏ができてからは友達にも可愛くなったと言われることも多くなり、告白されることも増えました。恋をするとキレイになっていくんだなぁと身をもって実感しました。

彼氏は先輩だったので先に卒業してしまいましたが私の高校生の思い出は先輩彼氏でたくさんあり、彼のおかげで本当の好きになるって事を学べたような気がします。

今はもうその彼とは結婚できませんでしたがとてもいい思い出です。

関連記事

【運命の出会い】理想の彼をゲットするまでの方法

彼氏が欲しい!飲み屋で知り合った男性に人生初の猛アプローチ!

今、幸せです!大失恋を経て結婚に至るまでの私のストーリー

私の人生寂しくない!これも全部親友のおかげ!

こんなに幸せになって良いの?この人と結婚するような気がするという直感が降ってきた...

5年以上彼氏がいなかった恋愛下手な私が1週間で好きになった訳