おひとり様も楽しい、彼氏と二人も楽しい!彼氏は欲しいときにはできないが忘れた頃にできる。

みっちーさん

みっちーさん
年代:30代
地域:埼玉県

仕事に必死だった頃、ともだちは彼氏と順調にお付き合い

前彼と別れてからもうしばらく恋愛はいいや、と仕事に打ち込む毎日が続いていました。運よく上司からも頑張りを認められてどんどん仕事が舞い込んで、毎日ものすごく忙しいけど充実!

仕事関係のスクールにも通い着実にキャリアアップしていました。

仕事中心の毎日が楽しくて、何度かお食事に誘われたりして男性と遊ぶこともありましたが告白されても断っていました。

彼氏と順調にお付き合いをしていた友人からは、「そろそろ彼氏作ったら?たのしいよ?」と言われましたが、前彼との毎日を思い出すといまのほうが「断然楽しい!彼氏いなくても楽しいし、むしろいると面倒だ」、くらいに思っていました。

友達が結婚、出産ラッシュで少し焦りが…

数年はそんな感じで仕事に邁進していました。責任あるポジションを任され、年収もあがってふっと一息ついて周りを見回すと友達たちは結婚、出産している…。

そういえば出産ってリミットがあったよね?と気がついたら、一気に彼氏作らなきゃ!モードへ。そう、甘い恋人関係に憧れてではなく出産リミットという現実に直面して彼氏が欲しくなったのです。

だって、父親がいなければ子供は持てないし、見知らぬ人からの精子提供でシングルマザーはなんかイヤだし。結婚して子供が産めるならそっちのほうがいい!

「今さら何言ってるの…」と呆れ顔の友人たちを後目に結婚前提で、子供が持てる彼氏をつくるべく、暴走が始まりました。

いい男って探してもでてこない

まずは過去に誘われた男性たちに連絡。でもみんな彼女できていました…。

「なかには結婚して子供ができている人も!どう考えても同時進行じゃん!」と思いつつもみんなそれだけ必死だったのかなと思うと同士な気分になってくる。

友達に紹介を頼んでも、独身でいい人はもう残ってないよー の声で撃沈。かといって結婚相談所やマッチングサービスを使うまでは本気になれなかった私。あっという間におひとり様老後も楽しそうかも、と仕事中心の毎日に逆戻り。

でも老後を楽しむためには趣味も充実してなくちゃ、と社会人サークルに顔を出してみました。サークルは年齢層高めでしたがそのなかでは若年者の私はかわいがられてとても居心地がよくて仕事も趣味も最高に楽しいときでした、彼がサークルにやってきたんです。

出会ってから付き合い始めるまではあっという間でした。いまでも運命だったのかな、と思います。

おひとり様も楽しい、彼氏と二人も楽しい

付き合ってひとりの時間が減っちゃうかな、と思いましたがなにしろ趣味が同じ、そして彼も仕事が楽しくて仕方ない似た者同士だから自分のペースでやりたいときはひとりで、二人で楽しむときはふたりで、とメリハリついた毎日を送っています。

ほんと、ひとりも楽しいし、ふたりも楽しい、ものすごくお得な毎日じゃないかって思います。

これまでの彼氏とは付き合うとお互いが全てになっちゃう付き合い方でした。それはそれで楽しい思い出も沢山ありますが、私はいまの付き合い方のほうが性にあってたんだと思います。いまの彼とはいままでにない長く付き合えそうな気がしますし。

あれだけ焦った出産リミットも、流れでできたらそれはそれで楽しそうだな、くらいになりましたよ。

関連記事

不幸アピールが効いた?彼氏との別れで失意のどん底を経験

学生から社会人へ!急激に男性に対する態度が変わり彼氏を作れた!

理想の彼との出会い。運命のライフパートナー!

運命の出会い!この人となら家族になれると思う人と出会えました!

【アラサー女子必見】30代で枯れ果てていた私が婚活サイトで出会いができた!

合コンもお見合いも嫌といっていた私の隣には・・・