キスってどんなかんじなの?妄想女子高生が大学デビューするまで

みーちゃん

みーちゃん
年代:20代
地域:東京都

女子校あるある

高校3年間、私立の女子高校に通っていました。

公立の共学中学校からの女子校だったので、最初はとても新鮮で、状況を楽しんでいました。

しかし2年生、3年生になるにつれ、周りでポツポツと他校の男子生徒と交際を始めたという話を聞くようになりました。

1番仲の良かった友人に彼氏が出来た時は嫉妬と焦りを感じ、その友人と距離をとってしまったこともあります。

しかしながら自分は、一体どこでそんな相手を見つければいいのか見当もつきませんでした。

趣味の美術館で偶然肩がぶつかったイケメンと恋に落ちる…なんて、少女マンガみたいな妄想だけを膨らませて、自分で積極的に行動することはありませんでした。

その頃は、このまま一生結婚出来ないんじゃないか…と本気で悩んだほどです。

母に、「いいなー、お母さんは結婚できて。」と羨んで言ったこともありました。

妄想がどんどん膨らんで

付き合うって何するんだろう?キスってどんな感じなのかな?

とにかく分からないことだらけのティーンエイジャーだったので、ひたすら妄想の世界に生きていました。

通学電車でかっこいい人を見つけては、満員電車を利用してピッタリくっついてみたり。かなりアブナイ女子高生ですね(笑)

高校3年間は、とにかく興味深々、男の子と話をしてみたい!というのが正直なところで、彼氏が欲しいなんて、そんな事は夢のまた夢といった感じでした。

大学生になって、周りに男の子がたくさんいる環境になって、
徐々に免疫ができ、普通におしゃべりするようになってようやく「カレシ」が欲しいな…とぼんやり思うようになっていきました。

とにかく男女共学に行かなくては

男っ気のない女子高校生時代を過ごした私は、付属の女子大には進学せず、私のような者でも通える共学の大学を血眼で探しました。

共学に通いさえすれば、まわりに男子さえいれば、自然とカップル誕生となるはず。何としても共学に行かねばという思いで、倍率の高い自己推薦枠を勝ち取りました。今思うと落ちたら女子大…という強迫観念で合格できたのだと思います。

そして入学後すぐに、イケメンに勧誘されてフラフラとサークルに加入し、3年ぶりに男子との交流を満喫。帰りはフワフワと宙を歩くような気分だったのを覚えています。

その後、サークル内では夜毎女子会が開かれ、各々誰が好きなのかを打ち明け合い、各自意中の男子の写真を手に、お互いに協力して自然に近づけるような作戦を練るのが日課となりました。

友人の協力作戦成功

夜毎開いた作戦会議が功を奏し、私は遂に意中の同級生男子とお付き合いすることが出来ました。

それはそれはもう、本当にピュアな、プラトニックな始まりでした。

手を繋ぐまで1ヶ月、キスをするまで3ヶ月、お泊まりするまでに半年もかかりました。

今思うと、相手の方には本当に申し訳ないというか、よく我慢して付き合ってくれたなと思います。

そのぶん、初めて手を繋いだ日も、初めてキスした場所も、20年以上経った今も昨日の事のように本当によく覚えています。

彼氏が出来たことで、デートするための資金を捻出する為にたくさんアルバイトをしました。

当時はメールがなかったので、固定電話で夜中に何時間も話をしました。

色々なところにデートに行って、美味しいものをたくさん食べて、お付き合いする中で本当に世界が広がりました。

また、どんなに好きな人でも、価値観は人それぞれ違うものなのだという事も学びました。

たくさん付き合えばいいという訳ではありませんが、何人かの方とお付き合いすると、色々な価値観を知ることが出来、人間に深み後出ると思います。

妄想だけでなく、リアルなお相手との恋愛を楽しんでくださいね。

関連記事

頑張った恋。男の人が苦手で勇気がなかった私が恋愛をして変わりました!

人生が変わっった!元カレを忘れて彼氏募集中から、彼氏持ちになった訳

恋愛観を見直してみた。バイト先は彼氏を作りやすいと聞いたけど・・。

同窓会で彼氏ができた!やっぱり自然体が楽です。今までは無理していたのかも

1人になって考えて成長した話。不安や恐怖から脱出の先には大きな成長がある!

合コンの先の先に彼が。いろいろ経験してきたからこその出会い。