じっとしていちゃダメ!出会いは待ってるだけでは訪れない。

みーちゃさん

みーちゃさん
年代:40代
地域:滋賀県

じっとしていては何も起こらない。

ぼんやり彼氏は欲しいなとは思っていたけど特に友好関係も広くないし容姿も端麗でもないので自分から出会いの場に行かないといけなかったのにそれをしていなかったから。

やはり独り身は楽だし本当の天涯孤独ではないから憧れてはいたけれどどうしても必要だとは感じていなかったので具体的に彼氏ができるようになれる行動をとっていなかった。

見た目や雰囲気で向こうから寄ってくるような女子ならともかくそんな風貌でもないからやはり自分からそういう場に行って出会いを求めなければぼーっと家と会社の往復だけではなかなか出会いはないし学生時代とは違って好きになる人もなかなかできないというのもあったからかなと思う。

ライフステージが違うと会いづらい。

同年代でそれまで休日遊んだりしていた子も彼氏ができると休日は彼氏と一緒にいることが当たり前になってなかなか一緒に遊ぶことが減ってくるようになります。

そうなってくると彼氏がいない子がいればその子と遊べるけどだんだん彼氏もちが増えてきて気が付くと誘えるような子がなかなかいなくなってきます。

自分も彼氏が欲しいなと思い始めたのはその頃です。

クリスマスは彼氏に〜買ってもらって〜みたいな話とか聞かされたりするのでそういうのもうらやましかったりします。

休日の過ごし方が少しずつ変化してくるのもこの頃からでした。

周りは彼氏がいて当たり前だったしやはり誘いづらかったり誘っても彼氏と約束しててとかでなかなか遊べなかったりとかあります。

出会いは突然に。

あの時は若かったのでまだ出会いの場ではなくても色々お誘いがあってお酒の場がほとんどで飲めない私は正直面倒くさかったし割り勘負けするから行きたくなかったです。

でもさすがに友達に2対2で飲みに行く話が合ってどうしても誰もつかまらないからお願いだから来てと言われた時は断れませんでした。

とりあえず行くだけ行って終わったらさっさと帰ろうと思ってたし友達も私が飲めないのを知ってくれていたのでお昼すぎからお茶する形で話をまとめてくれていました。

なので逆に行きやすかったのはありがたかったです。

それでちょっとお茶してボーリング行ってカラオケ行ってとまぁ普通の流れで連絡先交換してお開きとなった時の連絡先を交換した相手がのちに彼氏になりました。

彼氏中心の生活になってしまいました。

若さもあり勢いあまっていろいろありましたがあれはあれでいい経験にもいい思い出にもなってよかったです。

今から思えば楽しかったし生活も彼氏中心で休日も一緒にいる相手ができてよかったです。

自分や家族以外の大切な人と一緒にいられるということはとても素晴らしいことだと思います。

彼氏ができて色んな感情も経験できて自分でも驚くこともありましたがそういうのも全部含めて独りでは経験することができないことばかりだったのでよかったと思います。

生活も長くつきあっていくと徐々に空気みたいな存在で隣にいて当たり前になってくるのでそうなってくると家族になっていくのかなと思います。やはり独りより二人の方がいいですね。

関連記事

最初は友達感覚からの恋。自分のやりたい事と趣味を両立させることができた恋愛

出会いは近くにある!昔の同級生と再会して恋人同士になりました!

本当に自分が幸せになれる恋!初めてできた彼氏と付き合って学んだこと。

【実話】 ビビっと感じた出会いからトントン拍子で話が進んでいった恋愛話

恋愛成就には色々な形がありますが、私達の場合は・・・。

少女漫画のよう!男に無頓着な女が、女から女性に生まれ変わる物語!