甘いスイーツは身も心も幸せに、恋も呼ぶ素敵な食べ物。

マルコちゃん

マルコちゃん
年代40代
地域:大阪府

いい人は、皆にとってもいい人

以前にお付き合いしていた男性はいい人でした。

それは、つまり他の女性にとってもいい人だという事です。

こまめに連絡をくれたり、気遣いもできたり、ちょっとしたことを覚えていてさりげなく私が喜ぶことをしてくれたり。

つまり、二股をかけられていたのです。(もしかしたらもっといたのかも)別れた後も仕事で会う機会が何度かあったのですが、やっぱり表面上ではいいひとでした。

そのせいでいい人は彼女持ち、もしくは裏がある…なんて少し男性不振に陥っていました。

人当たりがよく、口もうまくて優しい人は少し苦手になっていました。

男友達はいますが、お互い共通の趣味があるから友達でいられるので男性としては全く興味がなく、向こうも同じ様な感じでした。

このままでは、ダメなのかも

親が体調を崩して入院し、他の兄妹は彼氏がいたり結婚相手がいるのに自分だけ独り身。

親がそれとなく自分を心配しているのがわかりました。

とはいえ、彼氏を作らなくなってから結構年数もたっていたので、イベントごとに街中にいるカップルが少しうらやましくなっていたのも事実です。

テーマパークやお店にいるカップルを見ると、いいな、と思っていたのは男性不振であった頃にはなかった感情でした。

近所で遊ぶ子供たちも可愛いと思えたのも、もしかしたら彼氏が欲しいと思えたきっかけなのかもしれません。

思ってもいない所に、いたんだな

共通の趣味を持った男友達と話題のスイーツバイキングがあるから、行こう!と食べにに行った時に、グループの中に彼がいました。

最初はもちろんそのような感情はなく、相手も友達の友達、位の認識であまり会話をした記憶はありませんでした。

しかし彼の食べっぷりには少々驚かされた記憶があります。

男の人はスイーツが苦手と思っていましたが、スイーツ男子の彼の食べるときの嬉しそうな顔は印象に残っていました。

その後も何度かスイーツ会を開催したり、他の趣味でサークルの様なものがあり、そこに参加すると彼も参加していたので自然と仲良くなってきました。

そのうち二人で会うようになり、何となくいい人だな、と自然に思えるようになりました。

共通の友達にはシークレットにしていましたが、お付き合いをすることになり、報告したところおめでとう!と言ってもらえたのがうれしかったです。

穏やかっていいこと

女友達と気楽にワイワイ遊ぶのも楽しいのですが、彼氏とはやっぱり違います。

遊びに行くところも車で遠出して夜景とかを見るとロマンチックだし、カップル限定イベントに参加して楽しむのも、久しぶりではしゃいでしまったり…。

お互い仕事で中々会えない時もありますが、逆に会える時の楽しみも増えました。

一人で食べるときは適当だった食事も、彼に作るとなると見た目も気にしたり、栄養やバランスを考えるようになりました。

お酒!おつまみ!飲んで寝る!という生活で干物女でしたが、少しづつ料理のサイトを見てレシピを増やしたりしました。

かれはファッションに疎いので一緒に服選びをして色々選ぶのも楽しくなりました。

自分の好きなファッションを嫌がらず来てくれるのでそれも楽しくて、ついつい色々着せ替えたり。

若い子の様ペアルックとかは恥ずかしいのですが、同じブランドのメンズとレディースでコーデとかして楽しんでいます。

関連記事

なんとなくこの人かもしれない!私が『リア充』になるまで。

運命の出会い?まさか麻雀をしていたら彼氏ができるんて・・。

男性嫌いだった私の初めての彼氏。そのおかげでオシャレにも興味がでた。

酷い目にあって以来彼氏ができなかった私についに彼氏ができた!

幸せ!彼(今の旦那)との出会いからお付き合いの思い出。

じっとしていちゃダメ!出会いは待ってるだけでは訪れない。