使い捨てからオンリーワンの存在になりました

まんまる太郎さん

まんまる太郎さん
年代:30代
地域:神奈川県

恋愛って何だっけ

大学時代に初めて彼氏ができたが、その彼氏にかなり束縛をされ、なかなか別れてくれず、別れるときも大変な目に遭ったので、こんな目に遭うなら、もう彼氏なんて要らない、恋愛もしなくていいと思いました。

その後、就職先で同期の女友達ができ、その子達と毎晩のように合コンしたり、飲み歩くようになりました。

合コンで出会った人や、夜の街でナンパしてきた人たちと遊ぶようになり、ちゃんとした彼氏彼女の関係ではなく、ひまなときに会って、お互いに干渉や束縛をしない関係がとてもラクだと感じました。

ちゃんとした彼氏なんていなくても人生は楽しめるんだ!と気づいてしまったので、その後何年もちゃんとした彼氏を作らず、男の子をとっかえひっかえして遊んでいました。

私とちゃんと付き合いたいと言ってくれた遊び相手の男の子もいましたが、その時には人を好きになるということが分からなくなっていて、恋愛ってどうやってするんだっけ?という状態になっていました。

使い捨ての存在

小学生の時から知り合いの1つ上の男の子がいて、家も近かったので、お互いが就職してからもよく食事に出かけていました。

その男の子には、私が特定の彼氏を作らずに遊んでいることを全て話していて、いつも私の話を面白がって聞いてくれていましたが、ある時急に真剣になって、自分をもっと大切にしてほしいと言われました。

そして、私は自分自身も相手のことも大切にできていないから相手にも大切に思ってもらえない、お互いに使い捨ての存在で、いてもいなくても同じだね、と言われました。

その男の子は、私のことを友達として大切に思ってくれていたようで、私が使い捨てのように思えて悲しいと言ってくれました。

恋愛の仕方や、人を好きになる感情がなくなってしまっていた私でしたが、その言葉のおかげで、自分を大切に思ってくれる存在、自分が大切に思える存在を見つけたいと思いました。

タイプじゃない

男の子に使い捨てと言われてから、私は遊ぶのをぱったりやめました。

出会いはなくなったけど、何かスッキリした気持ちでした。

早く彼氏を作らなきゃという焦りもなく、自分が大切に思えるような人が見つかればいいなあという軽い気持ちでいたとき、職場の先輩の男性から付き合ってほしいと告白をされました。

その先輩のルックスは全くタイプではなかったですが、何回か飲みに行ったことがあり、おもしろくて誠実で真面目な人だと分かっていたので、お付き合いをすることにしました。

こんなに早く彼氏ができるとは思っていなかったので戸惑いもありましたが、自分が成長するきっかけになればいいなと思っていました。

オンリーワンに

付き合い始めたときは、ちゃんとしたお付き合い方が分からなくて、よく連絡せずに朝帰りをしては彼氏に怒られていました。

大学時代の束縛彼氏を思い出してしまい、この人も束縛男なら早く別れなきゃなんて考えていましたが、飲みに行ってもいいけど、朝帰りになるなら連絡がほしい、何か危ないことに巻き込まれたのかと心配になるからと言われたときに、この人は束縛ではなくて、本当に私のことを心配して大切に思ってくれているんだと感じました。

今まで軽い付き合いばかりしてきて、相手を心配するなんてことはなかったのでこのとき初めて、この人を悲しませてはいけないと思いました。

それからは、こまめに連絡をするようになり、お互いに大切な存在になりました。

そして今年で結婚して6年が経ちました。
使い捨てからオンリーワンの存在になれたことがとても嬉しいです。

いつまでも感謝の気持ちを忘れずに、一緒に生きていきたいと思っています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【実話】 ビビっと感じた出会いからトントン拍子で話が進んでいった恋愛話

もう、彼中心の生活になった!女子校出身の私が初めての合コンで初めての彼氏をゲット...

大好きな人とともに生きていくことは、自分の人生を豊かにする。

偶然の出会いが欲しかった!ナンパされて疑心暗鬼からのスタート

いい人は自然とあらわれる。彼氏がほしいがためにがむしゃらになるのは逆効果である!

交際歴最長半年のメンヘラ、ついに身を固める。