彼氏が欲しい!心を開くと幸せがやってきた体験談

まなかさん

まなかさん
年代:30代
地域:福岡

男運のない私

20代後半の時、5年付き合って3年同棲していて婚約もしていた当時の彼氏に、婚姻届を出す日の朝、突然「好きな人ができたので別れてほしい」と言われ、婚約を解消されました。

お互いの親にも会っていたし、結婚式場も予約していて、本当にすごく大好きな彼だったので、とてもショックを受けました。

その後しばらくは彼氏を作る気も起きなかったです。

そしてようやく前を向けるようになり、合コンなどにも参加するようになりましたが、

「うまくいってもまたフラれるんじゃないか」
「そもそもこんな私なんか好きになってくれる人はいないんじゃないか」

と自信が持てなくて、素敵な人と出会っても自分から心を開くことができませんでした。

寂しさに負けそうだった

当時、親元から離れて一人暮らしをしていました。

夜、仕事から帰ってきて誰もいない部屋の中で窓から暗い空を見上げながら、なんだか世界中で自分だけが孤独になったみたいな感じがしてすごく寂しかったです。

特に仕事で嫌なことがあると、慰めてくれる人も傷ついた心を癒してくれる人もいなかったので、こんな時に優しく話を聞いてくれる彼氏が欲しいと強く思いました。

また、ちょうどその時兄弟が結婚して子供が産まれたこともあり、自分も子供を産みたい、育ててみたいという気持ちが出てきました。

子供を育てるには良いお父さんが欲しい、将来一緒に子供を育ててくれるような優しい彼氏が欲しいと思うようになりました。

内面から変わる

友人から婚活バーを経営している女性を紹介してもらいました。

平日夜には普通のバーで、土日に婚活パーティーをしているところです。

私は何度か土日の婚活パーティーに参加しましたが、あまりピンとくるような出会いはなかったため、平日夜にその経営者の女性とお話をするようになりました。

その女性は旦那さんを亡くされた未亡人の方だったのですが、男性に対してネガティブなイメージを持っている私の本心を見抜き、時には厳しく渇を入れてくれました。

私も何度もその女性とは口論し、自分の心をさらけ出し、初めはバーの常連さんとしゃべることもできなかった私が次第にみんなと仲良くなることができました。

そして苦手だった土日の婚活パーティーにも挑戦するようになりました。

素直になれた

婚活パーティーで出会ってカップルになった彼はとても優しくて、私の話をよく聞いてくれる人でした。

「毎日電話をしてくれると嬉しい」と言うと、本当に毎晩、寝る前に電話をかけてきてくれました。

そして私の仕事の愚痴も、自分の性格の嫌なところも、何でも彼に話せるようになり、彼の前では素直になれました。

時には昔の婚約破棄された嫌な思い出が蘇り、「この彼もいつか私を捨てるんじゃないか」と一人で勝手に不安になったりもしましたが、その不安さえも彼に伝えると安心させてくれました。

やがて私も過去の傷が癒えて、昔の彼氏にも心の中で本当に決別することができました。

そして私も自分に自信が持てるようになりました。

関連記事

幸をつかむ!消極的な自分から抜け出したことで彼氏ができました。

人生バラ色!新しい彼氏ができて毎日が楽しく前向きになりました。

私にもとうとう春がやってきた!少し遅めの青春!

【運命の出会い】彼氏が初めてできたお話

楽しいことを共有できる人を探す!彼氏ができてはじめて本当の人生が始まった。

彼一番!超、仲良しだった男友達は大好きな彼になった!